今回は、初心者でも簡単!100均アイテムで作れるおすすめDIYということでウォールラックや収納棚をご紹介したいと思います。




新生活をスタートさせる方が多い春のこの時期・・・新しいお部屋や今までのお部屋をアレンジして気分を変えたい!という気持ちになりませんか?

お部屋の家具を新調したりするのもいいですが、引越しだけでなく歓迎会やお花見など何かと忙しい時期なので出費は抑えたいという方も多いはず。

そこでおススメしたいのが100均素材のDIY!!収納に便利な棚や趣味のものを可愛く飾るウォールラックなどが100均素材でお得に簡単に作れたら嬉しいですよね♪

今回は、DIY初心者でも簡単に作れるウォールラックや収納棚のアイディアをご紹介しますので、是非参考にしてくださいね!

スポンサードリンク



目次

さぁDIYに挑戦!でも何からはじめればいいの?


えっ!これ100均のアイテムなの?!と驚かれるような手作りアイディアをSNSでも多く見られるようになりました。

特に最近は、インスタで一人暮らしの男性や女性がDIYで作った家具や収納を投稿するのもよく見ますね♪

自分でもこんな素敵な家具が作れたら・・・って思っても、難しくて無理!センスがないと難しそう…と躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?



でも実際はそれほど難しいことはなく、誰でもオリジナリティのある家具やインテリアを作ることができるんですよ!

そのためにもまずはDIYの流れを知らないと!これだけは知っておいてほしいというDIYの流れを確認してみましょう。

DIY初心者は最初にどこに何を作るかをしっかり決めよう!


市販の家具はしっかりしていておしゃれなものも多いですが、高価なこととぴったりサイズで理想の家具を見つけるのはけっこう難しいですよね。

でもDIYなら、自分の部屋にジャストサイズで作れることができるんです。これは大きなメリットですね!

ところが、せっかく作ったのにお部屋のスペースにあわなかった・・・なんてことも。それではもったいない!

まずは、「どこ」「どんな目的や用途の棚」を作りたいかを決めましょう。これがDIY全般でも一番大事とも言えます。


「え?そんなこと?」と思われそうですが、これがしっかり決まっていないとサイズも分からないし、どんな素材を準備するのかが決まりません。

まみまみ

作ってからなんか違う・・・では後の祭りですからね(・.・;)



したがってDIY初心者はまず、「どこに何を作るか」をしっかり決めることからスタートさせましょう!

DIYは事前に作業の流れをしっかりと把握すること!


よくプラモデルとか模型などを作っている人で、説明書を見ずに作り始める人っていますよね?

慣れている人ならいいのですが、初めて挑戦する人にとってそれは絶対にやってはいけません!

DIY初心者なら、必ず作り始める前に流れを理解できる作業工程表をしっかりと把握しておきましょう。図や箇条書きでわかりやすくしておくといいかもしれませんね。

キュー●ー3分間クッキングじゃないんですから、いきなりこれが完成品ですってありえないでしょ!

作業工程表に必要な情報は以下の通りになります。

作業に必要な情報
・事前準備や材料
・作業する場所
・置く場所の寸法
・実際に作るものの設計図

これ以外にもいくつかあったほうがいいものはありますが、まずDIY初心者ならこれくらい把握できればOKでしょう。

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

事前準備や材料


作るものを決めたらまずは道具や材料を手に入れましょう。

DIYのメリットとして、基本的な材料は100円ショップですべて揃うということが言えます。

最初から「キタコレ!完璧!!」「売ってるのと変わんない!」なんてものを作れる人はなかなかいませんよね。

なのでDIY初心者は100均DIYから始めましょう♪最低限必要な道具もほとんどが100均でそろえられます。

100均アイテム
・ドライバー
・メジャー
・カッターやノコギリ
・やすり、サンドペーパー
・かなづち
・ラジオペンチ

などが代表的な道具になります。もちろんすべてが必要というわけではないので、必要なものを選んで揃えましょう。

まみまみ

道具がそろえばモチベーションもアップ!一気にやる気も漲りますよ(*^_^*)



100均で手に入る材料や工具については後程詳しくご紹介します。

作業する場所


作り始める前に、作業する場所を決めておくことが重要です。作るものの大きさなどによっても作業場所は変わってきますよね?

ゴミが出た場合はどうするか、キズがつかないように作業できる場所、設置場所との距離や通路の幅などなど、必要な情報を考慮して選びましょう。

1日でできない場合、そのまま作業中の状態を保持できることも大切なポイントです。

すぐ終わるからどこでもいいや~って作業を開始して、あとから終わらなくてどうしよう・・・ってならないように注意しましょう。

置く場所の寸法


今度は実際に作ったものを置く場所の寸法を測りましょう。

ここはある程度しっかりと測っておく必要があります。せっかく作ったのに置けない、出っ張っちゃう、高さが合わないなど、がっかりどころじゃなくなりますからね。

DIY初心者なら、ある程度サイズが違っても置けるような場所に設置するものから作るといいかもしれませんね。

まみまみ

僕の場合、初めて作った収納棚は見事にはまりませんでした(*_*)もっとしっかり測っておけば・・・と後悔しましたね。



実際に作るものの設計図


最後は実際にDIYで作る家具や棚などの設計図を作成します。とはいってもそれほど詳細な設計図が必要なわけではありません。

まずは大まかに完成品の形や図を書き、外周のサイズを決めておきましょう。置く場所の寸法から3mm~5mmくらい余裕があるといいですね。

自分がわかればいいので、キレイにきちんと細かく書く必要はないです。あくまでイメージでよいでしょう。


完成図ができたら、今度はそれを各パーツに分類して分けてみましょう。

そうすることで必要な材料を把握でき、あとでこれが足りない!なんてことにならなくて済みます。

それぞれのパーツをどのように接続するか、どこに穴をあけるかなどもここで決めておきましょう。マーカーでしるしをつけておくとわかりやすいですね。

最後に完成品のサイズから各パーツのサイズを決めて書き込みます。これで設計図の完成です。

スポンサードリンク



収納棚や壁収納で活躍!100均DIYおすすめアイテム


DIY初心者にとって100均アイテムは欠かせません。

お得なのはもちろん、気軽に買い足したり同じものをたくさん揃えることができるのは嬉しいですね。

まみまみ

たとえ失敗してしまっても(金銭的に)それほど怖くないので安心でしょう♪



そんな100均アイテムで、収納棚や壁収納をDIYするときに特に優秀だといわれているアイテムがありますのでご紹介します。

持っていると便利な100均おすすめ工具




DIYをはじめるためには材料だけでなく工具も揃える必要があります。

ここでは収納棚や壁収納を作るときに活躍すると思われる100均のおすすめ工具をご紹介します。

意外とお金かかるじゃん!と思われそうですが、最近は100円ショップでも便利な工具がたくさん販売されています。

これからのDIYにも使えるので是非持っておくと便利ですよ♪

メジャー


軽くてストッパー付きのものがおススメ。

一人暮らしのお部屋なら天井の高さと壁の長さくらいが測れればよいので、3m程度の長さがあればよいでしょう。

工具セット


のこぎり、ペンチ、ドライバーなど一般的な工具セットを一つ持っていると色々な作業にも使えます。

DIYに限らずちょっとしたお部屋のトラブルにも対応できたりするので、もっていて損はありませんよ♪

100円ではセットはちょっとないと思いますが、500円でなら購入可能。バラで買ってももちろんOKです。

サンドペーパー


木材をカットしたときの断面の処理や、あえて使用感を出したいときに風合いを出すことができるサンドペーパー。

場所をとるものでもないので、数種類のものを揃えて持っていると加工に便利でおススメです!

タッカー


タッカーとはホチキスのように素材を金具でとめるものです。木材を合せて留めたり、布を張り合わせるときなどにも便利です。

100均にあるアイテムの中でも特におススメですよ!

グルーガン


グルーガンは透明なプラスチック熱で溶かして接着剤として使うことができる工具です。

冷めるとすぐに固まるのでボンドなどよりも早く固定することができ、しっかり接着してくれるのも便利なところです。

100均でも購入できるので、是非持っていたい工具の一つですね。

収納棚や壁面収納の必須アイテム!100均おすすめ素材




収納棚や壁面収納をDIYするときに良く使われている材料・素材をご紹介します。

メインとしてだけではなく、ちょっとした工夫で使い方も千差万別!個性が光ります☆

是非利用してみてはいかがでしょうか?

万能DIYアイテム“すのこ”


ある程度の強度がありしっかりした“すのこ”は今大人気のDIY素材です。

サイズも豊富で、ペイントすることでイメージもガラッと変わります。

カットしたい場合も100均で買えるようなのこぎりでも女性の力で簡単に切ることができるので加工も楽なのが売りです。

定番商品「タオルかけ」


タオルだけでなく、鍵やアクセサリー、掃除道具など引っ掛ける収納に便利だとDIY素材として多用されるのがタオルかけです。

コロコロと異動できるシェルフの持ち手になったり、本棚の落下防止の押さえに使われたりとアレンジが出来るんですよ。

ワイヤーネット


ものをかけたりするためのワイヤーネットのDIYも今話題になっているのをご存知ですか?

金網は腕の力を使って折り曲げたりもできるので、色々な形に変えておしゃれなアイテムになると人気なんですよ。

スポンサードリンク



100均素材で作る簡単ウォールラック




それではここからは、DIY初心者におすすめのDIYウォールラックをご紹介します。

どれも簡単でおしゃれ♪一人暮らしを始めたばかりのまだ荷物が少ない方におすすめしたい収納例です。

作り方などを参考にしていただき、自分の部屋にあったものを作ってみてはいかがでしょうか?

コルクボードで作るアクセサリー用ウォールラック


@nonpiii625がシェアした投稿



好きな大きさのコルクボードに100均で購入できる木材や飾り棚、タオルかけを取り付けるだけの簡単アクセサリーラックです。

かわいいプッシュピンをコルクボードに刺すだけでネックレスやヘアゴムをかけて収納でき、タオルかけにはピアスを飾ることが出来ます。

収納に便利なだけでなく、使いやすさもおしゃれさも兼ね備えたウォールラックですね。

そのまま壁に立てかけることもできるし、壁掛け用の紐などを付ければ壁につるしておくことも出来ますよ。

すのこを使った簡単ウォールラック




長方形のすのこ数枚をグルーガンや木工用ボンドで接着し、100均で購入できる水性ニスを塗ります。

色々な色のニスがあるので、お好みの色のものを選んでみてくださいね。

ワイヤーかごはハンガーフックを取り付けて引っ掛けるだけなんです!

他にも板や飾り棚を取り付けたり、黒板や写真たてを取り付けるなどアイディア次第で飾りつけもできるので、アレンジの幅が広がりますよ♪

壁に立てかけるタイプなので壁に穴を開けたくない方におススメです!

ワイヤーネットをリメイクしたレターラック


Chie Moritaさん(@you.and.aoi)がシェアした投稿



材料はワイヤーネットだけ!少し力は要りますが、U字にワイヤーネットを曲げます。これだけで本当に簡単ですね!

レターラックぐらいの重さであれば、綺麗にはがせる粘着フックを壁につけて、そこにワイヤーネットをかけても落ちませんよ。

これなら賃貸など壁に穴を開けたくなくても安心ですね!

お部屋の雰囲気に合せる場合にはワイヤーネットに塗料で色をつければイメージも変わります☆

ディッシュスタンドを使ったアイディアウォールラック


596santa3さん(@596santa3)がシェアした投稿



お皿を立てて収納するためのディッシュスタンド。好きな色にペイントしたら、壁に好きな幅で取り付けます。

直接釘を打ち付けても良いですが、ディッシュスタンドの上部に金具を付ければプッシュピンで壁に取り付けることも出来ますよ。

あとは好きな位置に板を差し込めばあっという間に完成!

左右の高さが揃っていないと板が斜めになってしまうので、しっかり平行になるよう気をつけて設置してくださいね。

スポンサードリンク



アイディア満載の簡単100均収納棚




続いては100均アイテムで作るアイディア収納棚をご紹介します。

こちらも100均グッズを利用していてどれもDIY初心者におすすめ!入門書代わりにいかがでしょうか?

定番のすのこや工具を使わないものまでいろいろありますので、まずは好みの棚を見つけてみましょう。

工具不要!インテリアメッシュフレームで作る簡単ミニシェルフ


花宮令さん(@reihanamiya55)がシェアした投稿



100均で購入できる写真を飾ったりする為のインテリアメッシュフレームを木板の両サイドに木工用ボンドで接着して数段重ねるだけの簡単ミニシェルフです。

お好みで木製の花台を取り付ければ足つきのかわいいシェルフになっちゃいますよ!

ワイヤーネットが大変身!省スペース用収納棚


花宮令さん(@reihanamiya55)がシェアした投稿



細長いワイヤーネット2枚の間に直角に折り曲げたワイヤーネットを写真のように挟んで一つずつ結束バンドで結びます。

仕切りのようになるので、そこに100均のプラケースを入れればおしゃれで省スペースにぴったりな収納棚が完成!

底にキャスターを取り付ければ移動も楽で掃除などのときに便利ですよ♪

定番すのこを使った扉付きDIYラック




すのこの下駄部分に板を引っ掛けるように設置してグルーガンや木工用ボンドで接着させていくと簡単に棚が完成!

強度を出したい場合はボンドで接着した後に釘で固定しましょう。

更にフォトフレームを2枚用意し、アンティーク調の取っ手を取り付けます。

蝶番でフォトフレームをすのこに取り付けるだけで扉付きのラックに早変わりです!

トロファスト風のおしゃれラック


アヤミさん(@ayami.1029)がシェアした投稿



100均木材の板4枚を組み合わせてボックスを作ります。しっかりお部屋に合せたサイズを測って用意しましょう。

ボックスの内側に細長い棒状の木材を左右並行に取り付けます。

100均のプラケースをこの棒状の木材にかけるように配置すると、IKEAで人気のトロファスト風なおしゃれラックの完成です!

スポンサードリンク



DIY初心者必見!100均アイテムをおしゃれに見せるコツ




100均アイテムは、そのままだと安っぽく見えたり、手作り感が出すぎてしまったり・・・せっかく頑張って作ったのに、それじゃ愛着もイマイチわかないし残念ですよね。

そこでよりおしゃれに、100均とは思えないように仕上げるコツをご紹介します。

コレさえ知っておけば、100均アイテムで作ったものもぐっと見違えてきますよ♪

まずはサイズをしっかり測ること!


まずはサイズです。これは冒頭でも説明しましたが何よりも大事です。

置きたいと思っている場所にジャストフィットするサイズで作ることでお部屋が整頓されているように見えるので、手作り感が出すぎずにすっきり見えます。

また、作った棚にプラケースを横に3つ並べて置く場合などは、横幅を3で割って、それに合うサイズのケースを見つけることが大切です。

同じものを綺麗に並べることでより市販の家具のように見えたりしますよ。

色を統一する


木目などの素材を活かした雰囲気で作るのも良いですが、モノトーンとか、○○調など統一したカラーリングをすることでとても洗練されたお部屋になりますよね。

すのこに水性ニスを塗ったら、底板にも同じニスを塗ったり、他の家具も同じ風合いのものをそろえるなどすることで一段と統一感が生まれます。

最近ではスモーキーカラーが流行していて、あえて使用感を出す為にカラーリングしてから茶色いペンキでさびのように塗るという工夫もはやっています。

作った家具が飽きてしまったというときには、カラーを変えることだけでもお部屋の印象が変わって楽しくなりますよ。

ラベリングのすすめ!


色をそろえたのに、統一感を壊してしまうのが市販商品のラベルです。

調味料やスプレー缶なども生活感がですぎてしまって、ごちゃごちゃしたイメージを与えます。

そこで、棚に見せる形で収納するものなどはラベリングをすることで統一感を演出することが出来るんですよ。100均ではこの生活感を隠す為のアイテムも豊富にあります。

それぞれの商品をラベリングしたり詰め替えをしたりするのが大変という場合は、同じサイズや同じシリーズのプラケースに収納し、ケースにラベルを付けることでおしゃれに、且つ中身も探しやすくなり一石二鳥です。

Canonさんのサイトに丁度良い感じのものがあったので紹介しておきたいと思います。

[sanko href=”http://cweb.canon.jp/pixus/special/p-note/recipe/?ct=goods” title=”プリント雑貨” site=”CANON” target=”_blank”]

インターネットでもプリンターで印刷するだけのラベルデザインも多数ありますので、活用してみるのもおススメですよ(^_^)

スポンサードリンク



DIYは計画的に!(特に初心者は)


いかがでしたか?

今回は、100均素材で作る簡単な収納棚やウォールラックのDIYアイディアをご紹介しました。

作り方などを参考にして、自分に合った棚を作ってみてはいかがでしょうか?


収納棚は、工具や難しい技術を必要とせずに作ることができるので初めてのDIYにもおすすめです!

DIY初心者なら、すのこやワイヤーネットを使った収納は簡単なのでまずはここからチャレンジしてみましょう。

作った家具を更にアレンジしたりしても楽しいし、そうやってDIYの技術も身につけながら素敵なお部屋作りを実現していってもらえたら嬉しいです♪


最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク