スポンサードリンク

暑い夏!ベビーカーに乗っている赤ちゃんもキツイっす!って思っているのでは?



夏のベビーカーでのおでかけは赤ちゃんにとって要注意です。

いくらハイシートベビーカーであっても地面からの高さは大人の私たちの高さより1mほど低いので、地面からの熱気や照り返しを浴びています。

また、大人に比べて体温調節機能が未発達なため本当に気を付けなければなりません。


そこで注目したいのが、暑い夏にベビーカーでのお出かけを快適にしてくれるベビーカーの保冷シート!

今回は、夏のベビーカーでのお出かけの必需品!おすすめの保冷シートをランキングにしてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


夏のベビーカーでのお出かけにおすすめの保冷シートランキング2017

ベビーカーの保冷シート。

夏は積極的に使いたいアイテムですが・・・一体何をポイントに選べばいいのか迷いますよね?


保冷専用?冬は保温できないの?

汗が染みそうだけどシートは丸洗い可能?

保冷時間はどのぐらい?

抱っこ紐やチャイルドシートにも使いまわせる?

などなど、疑問がいっぱい出てくるでしょう。


そこで今回は、独断と偏見の観点から夏のベビーカーにおすすめ!な保冷シートをランキング形式で発表していきます。

この夏の対策に是非参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


BABY ALICE ベビーアリス 保温冷却シート


抱っこひもやベビーカーで使える使い勝手の良い保冷保温シートです。

専用シートに付属している紐でベビーカーに固定するタイプで、カラーバリエーションはギャラクシーグレー、ブルー、ピンク!

コンパクトサイズなので持ち運びにもとっても便利なんですよ。

エルゴの抱っこ紐のラインナップにもギャラクシーグレーがあるので、保温保冷シートと抱っこ紐の柄まで揃えたいママさん是非いかがでしょうか?


ランキング小

クール・ミー ベビーカー用ひんやりシート


このシートはベビーカー専用のため、ほぼ全てのベビーカーに対応しています。

また簡単に取り付けることができるとママさんたちの口コミでも人気があるんですよ。


メッシュ、断熱材、メッシュ の3層構造が空気の流れをよくするので、お子様の背中やおしりが蒸れにくいのが特徴です。

洗濯もできますし、すぐ乾く素材なので毎日清潔に使えますね(*^_^*)


ランキング小

ベビーホッパー ベビーキャリア&ベビーカー兼用保冷保温シート


ジェルパックは夏は冷やし、冬にはレンジでチンであたためるなど、繰り返し使用できてとっても経済的。

冷やしすぎても固くならないので快適に使えますよ。

抱っこ紐でも、ベビーカーでも、チャイルドシートでも使えるので、お出かけ必須アイテムとして活躍しますね。

コンパクトサイズなので、自転車や枕などにも使えるとの口コミもありますね。


ランキング小

丹平製薬 カンガルーの保冷保温やわらかシート


少しデザインに好き嫌いがあるというこち込もありますが、ベビーカーやチャイルドシートに簡単に取り付けできて人気のシートです。

何と言っても保冷時間が5時間と長いのが特徴です!!

長距離の車でのおでかけの際には是非こちらをチャイルドシートにつけてみてくださいね。

カラーは落ち着いたオリーブやライトブルーのほかにマリンボーダー柄もあります。

マリンボーダー柄は夏にぴったりですよね。


ランキング小

ドラコ ベビーカーシート 保冷ジェル付き パイルシート


こちらの商品はジェルが保冷専用なのですが、専用だからこそのこだわりがあります。

保冷ジェルのサイズがSとMの2種類ついていて、新生児ちゃんは冷えすぎ防止にSサイズにするなど、お子様の成長や使用するシーンに合わせて保冷ジェルのサイズを使い分けることができます。

また、保冷ジェルを取っておしゃれなベビーカーシートとしてオールシーズン使えるのも嬉しいですよね。

生地にもこだわり汗をたくさん吸うパイル生地でふわふわ。

カラーバリエーションも6種類あり、女の子っぽいフラワー柄から男の子向けのカモフラ柄までありますよ。

おしゃれママさんの気分も上がると思いますよ(*^_^*)

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、夏の季節におすすめのベビーカー用保冷シートをランキングにしてご紹介しました。

暑い時期はコレで乗り切りましょうね!


こういったベビーカー用のシートは、サイズや機能性で選ぶことはもちろん重要なのですが・・・好みのデザインを見つけると気分も上がりませんか?

やっぱり皆に見られるベビーカーですから、おしゃれも重要ですよね(*^_^*)


是非このランキングを参考にしていただき、ベビーカーとママさんの好みにあわせて保冷シートを見つけてくださいね。

そして、暑い夏を快適にお出かけしましょう。


最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク