スポンサードリンク

初めてベビーカーを購入するならどれがおすすめ?

a0780_000901


はじめてベビーカーを購入するパパさんママさんなら、A型B型の違いや選び方のポイントって知りたいですよね?


可愛い赤ちゃんをお迎えし子育てライフが始まったら、徐々に赤ちゃんも外の空気を感じさせたいもの。

赤ちゃんと外へお出かけすることは、ママさんもリフレッシュタイムが持てます。



そんな、赤ちゃんとお出かけするときの必須アイテムといえば「ベビーカー」でしょう!

一昔前まではガッチリとしたベビーカーが主流でしたが、今ではさまざまな型や素敵なデザインの物も多く出ています。

あまりにも多くの種類が出ているので、購入するときに迷ってしまいますよね。



そこで今回は、ベビーカーを選ぶ時の参考になるように、ベビーカーについてA型B型の違いや選び方のポイント!

そして、おすすめのベビーカーをご紹介します!!

スポンサードリンク


ベビーカーの種類と特徴

ベビーカーは、赤ちゃんの月齢や子育てのライフスタイルによって使用するものが異なります。

ベビーカーの種類としては主に、「A型」と「B型」に分けられています。

これは日本のSG(安全基準)によって定められた規格で、日本独自の基準です。


違いとしては、車輪の大きさや振動の吸収性、そしてリクライニングの角度調整の範囲などによって分けられます。


その他にも、「バギータイプ(背面タイプ))」や「マルチタイプ」などに分けられます。

それでは、それぞれのベビーカーの種類と特徴をみてみましょう。



A型ベビーカー

A型のベビーカーーに適用される月齢は、生後1カ月から48カ月(体重は15㎏以下)くらいまでです。

また、150度以上のリクライニングが可能であることが特徴になります。


A型ベビーカーは、ハンドルの切り替えができて、赤ちゃんとの対面式や景色が見える背面式の両対面で使用ができます。

また、背もたれがフルでフラットになり、リクライニングで赤ちゃんが寝ることができます。


夏の日差しや暑さに対応できるように大きな幌(ほろ)がついているものもあります。

その他、赤ちゃんへの振動や衝撃を吸収し、転倒しないように安定性を考えて作られています。



B型ベビーカー

B型ベビーカーに適用される月齢は、お座りができるようになった7カ月くらいから48カ月までです。

B型ベビーカーの場合は、リクライニングの角度調整は100度以上であればよいとされています。


B型では対面式にはならず背面式で、リクライニング機能はあっても少しだけです。

軽くてコンパクトなので、持ち運びしやすいのが利点です。



バギータイプ(背面タイプ)

バギータイプは安定感があり、ハンドルの位置が高いため、身長の高い男性でも使いやすいのが特徴です。

ハンドルが2つに分かれているタイプが多く、基本的に背面押しのみで対面にはなりません。

折りたたみがしづらいという意見も多いので、階段などが多いエリアでは使いづらいかもしれません。


バギータイプでは、都市部を中心に三輪タイプが多く普及しています。

少し大型になり、重量が重くて狭い駅の改札などには不向きというデメリットもありますが、なんといっても小回りが効くのが特徴です。

また、デザイン性に優れ、タイヤが大きく頑丈なフレームで乗り心地が良いというメリットがあります。



マルチタイプ(多機能タイプ)

マルチタイプ(多機能タイプ)は、赤ちゃんの成長やライフシーンに合わせて多機能に使えるベビーカーです。

首の座らない赤ちゃんからお座りができる赤ちゃんまで使えて、移動の時にはベビーキャリーとして使えます。


また、ロッキングチェア(ゆりかご)やラック(椅子)としても使えます。

さらに、ベビーシートを外して車にそのまま移動できます。


ベビーシートからベビーキャリー、そしてA型、B型のベビーカーとマルチに使え、0歳から使用可能。

1台で何役もこなしてくれるため、長く使うことが出来ます。


ただ、長く使用できる分汚れなどが目立つようになるため、買い替えがまったく必要ないかというとそうではないのでご注意ください。



ベビーカーを選ぶときのポイントは?

c1d2fc611b90f7089d8228f5faac76ed-480x319

ベビーカーを選ぶ時のポイントは、

  • 赤ちゃんの快適を考える

  • ママやパパのライフスタイルに合うものを選ぶ

  • 国産の安全基準「SGマーク」が貼付された製品を選ぶ

  • の3つになります。


    それではそれぞれについてご説明していきます。


    sozai_53343
    【ベビーカーを選ぶポイント①】赤ちゃんの快適を考える

    赤ちゃんを振動や衝撃から守ることができる、安定性のあるものを選びましょう。

    また、赤ちゃんはベビーカーに背中をつけたままになるので、通気性のことも頭に入れておきましょう。


    陽射しから赤ちゃんを守るための日よけの幌(ほろ)もついていると安心ですね。


    sozai_53343
    【ベビーカーを選ぶポイント②】ママやパパのライフスタイルに合うものを選ぶ

    デザインや多機能ばかりに注目してしまうと、実際に使った時に「使いづらい!」と困ることになることも。

    お出かけの時にどのような交通手段を使うか、家の周りの環境(階段が多いなど)など、どのような使い方をするかを事前に確認しましょう。

    自分のライフスタイルに合わせてベビーカーを選ぶことが大切です。


    sozai_53343
    【ベビーカーを選ぶポイント③】国産の安全基準「SGマーク」が貼付された製品を選ぶ

    SGマークは、財団法人製品安全協会が安全な製品として認定基準を定めています。

    この基準に適合していると認められた製品に表示されるマークです。


    「SGマーク」では、ベビーカーの開閉時の安全性や公共機関で使用時の安全基準、適用年齢区分や正しい使用方法などについて基準が設けられています。

    必ずこの「SGマーク」が貼付されたベビーカーを選びましょう。



    これら3つのポイントをクリアし、赤ちゃんに負担が少ない製品で自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。


    初めて買うならコレ!2017年のおすすめベビーカー

    それでは、独断と偏見でピックアップした、新米ママにおすすめのベビーカーをご紹介します。

    これらは、初めてベビーカーを購入する予定のママさんが使いやすいベビーカーです。


    A型やB型、マルチタイプなど、それぞれメリットやデメリットがありますので、どのタイプが自分のライフスタイルに合うかを、事前にしっかりと理解しておきましょう。

    是非これからベビーカーを購入しようと検討しているパパさんママさんは、参考にしてみてくださいね。



    sozai_37813
    combi(コンビ) 『WHITE LABEL(ホワイトレーベル) メチャカル ハンディ オート4キャス compact エッグショック HG』

    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/
    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/

    特徴
    『メチャカル ハンディ オート4キャス compact エッグショック HG』の重量は、なんと4.7kg!

    持つのも押すのも軽く、片手でワンタッチ開閉ができます。

    片手で持ちやすいように「持ちカルグリップ」がついていて簡単に片手で持ち運びができます。


    また、対面にも背面にもでき、前輪のキャスターが自動で回転して小回りが利きます。

    そして、超吸収素材「エッグショック」で、シート全面が衝撃や振動から赤ちゃんを守るように設計されています。


    他にも、21リットルで耐荷重5kgのかごもついていて収納にも便利です。

    動画でも使い心地を紹介していますので、ご覧ください。



    対象年齢は、1カ月~36カ月頃(体重15kg以下)までになります。


    ◆Amazon・楽天市場で安く購入できます
    参考価格
    58,000 円(税別)



    sozai_37813
    Pigeon(ピジョン) 『Premige プレミージュ』

    出典(商品紹介): http://pigeon-htravel.com/
    出典(商品紹介): http://pigeon-htravel.com/

    特徴
    ママに抱っこされているような乗り心地を設計したベビーカーで、生後1ヵ月~36ヵ月まで使えます。

    段差を乗り越えやすく、衝撃を和らげることができる「シングルエアタイヤ」で段差もラクラク。

    小回りも利いてスイスイ走ります。


    そして、赤ちゃんを地上の熱や埃から守る58㎝のハイポジションシートで、ママやパパと赤ちゃんの距離が近くなります。

    その使いやすさは、動画でご確認ください。



    軽快で、赤ちゃんもストレスが少ないのが嬉しいですね。


    ◆Amazon・楽天市場で安く購入できます
    参考価格
    64,000円(税別)


    sozai_37813
    combi(コンビ) 『F2plus AF』

    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/
    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/

    特徴
    生後1カ月~36カ月頃まで使えるフルリクライニングハイシートバギーです。

    背面式ベビーカーでも、軽くリクライニングできるスタイルがとれます。


    超軽量で片手でのワンタッチ開閉でき、階段のあるところでも動きやすいです。

    また、着脱可能なシートライナーがついていて、夏にはメッシュシートにできます。




    軽いのに安定性があるベビーカーです。


    ◆Amazon・楽天市場で安く購入できます
    参考価格
    35,000 円(税別)



    sozai_37813
    コンビ(combi) 『F2AF』

    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/
    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/

    特徴
    7カ月~36カ月頃まで使えるスタイリッシュなハイシートバギーです。

    冬生まれでなかなか外に出かけられないなど、ベビーカーデビューが遅めの方や2台目のベビーカーにおすすめ。

    超軽量設計で50㎝のハイシートなので赤ちゃんとの距離が近く、乗せたり降ろしたりするのが楽です。


    片手ワンタッチ開閉、左右連動ブレーキ機能があります。

    また夏にも冬にも対応するメッシュ素材をシートに使っています。

    ◆Amazon・楽天市場で安く購入できます
    F2 AF フレイムレッド(RD)【ベビーカー】【送料無料】
    参考価格
    25,000 円(税別)



    sozai_37813
    コンビ(combi) 『EX COMBI マルチ5ウエイ』

    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/
    出典(商品紹介): http://www.combi.co.jp/

    特徴
    3つのモードのベビーカー、ベビーキャリー、ラック、ベビシートとして使える、1台で5つの機能を持つ多機能型ベビーカーです。

    新生児(体重2.5㎏以上で胎内に37週以上いたお子様)~24カ月くらいまで使えます。


    衝撃や振動の吸収など、赤ちゃんへの影響を考慮して作られたベビーカーです。

    また、ママさんが子育てライフをしやすいように設計されていますね。


    1つでいろいろなシーンに対応でき長く使えるマルチタイプのベビーカーです。


    ◆Amazon・楽天市場で安く購入できます
    参考価格
    73,000円(税別)


    さいごに・・・

    いかがでしたか?

    今回は、A型B型の違いと選び方のポイント、そしておすすめのベビーカーをご紹介しました。

    我が家はコレで決まり!というベビーカーは見つかりましたか?


    ママさんやパパさんのライフスタイルや赤ちゃんの月齢などから、ベビーカーの選び方もさまざまとなります。

    ベビーカーを選ぶ時には、一度店舗に足を運び、実際にベビーカーに触れて動かしてみるといいかもしれませんね。


    迷った時は店舗に行って、実際に子供を乗せさせてもらうのもいいと思います。

    ベビーカーは長く使うものなので、是非納得のいくものを見つけてくださいね。


    最後までありがとうございました。

    スポンサードリンク