スポンサードリンク


花粉症の予防になる食べ物ってどんなものがあるの?

flu-1679104_640


毎年花粉症にお悩みのあなた!・・・気になりますよね?


花粉症のシーズンを薬以外の予防対策で乗り切りたい!

このように考えている方も多いのではないでしょうか?


薬に頼らずに花粉症シーズンを乗り越える予防対策として、食べ物で予防出来たら嬉しいですよね!

そこで今回は、花粉症の予防対策になる食べ物と症状を悪化させる食べ物、そして特に話題にあがるトマトについてご紹介したいと思います。

ネットで公開されている情報を独自にリサーチしましたので、最後までお付き合いください。

スポンサードリンク


花粉症の予防に食べ物と症状を悪化させる食べ物

いつもの食生活を見直すことで、花粉症予防になる食べ物があります。

食べ物の場合、薬のように即効性はないので早めに対策を取ることも必要です。

また、花粉症を完全に治療してくれるという効果もなく、あくまでも花粉症を予防する方法のひとつになります。

でも、毎年辛い花粉症の症状に悩まされている方には、少しでもあの辛い症状がやわらげば試してみようという気持ちになりますよね?


花粉症に悩まされている方は、とても気になる食べ物での予防対策!

ただ、花粉症の予防になる食べ物とは別に、症状が悪化してしまう食べ物があるんだとか・・・。

これは花粉症にいいだろうと思って食べていたものが、症状を悪化させてしまう食べ物だった!なんてことになったら元も子もありませんよね?


そこで、花粉症予防に効果があると言われている食べ物と、逆に症状を悪化させる可能性のある食べ物をご紹介します。

花粉症に悩まされている方は必見です!

スポンサードリンク


花粉症の予防対策になる食べ物は?

花粉症の辛い症状を少しでもやわらげるために、薬以外に自分でできる食べ物での予防対策。

予防対策になる食べ物を知って、花粉症のシーズン前から意識して食べるようにしたいですね。

それでは、花粉症の予防対策になる食べ物を8個ご紹介します!

ヨーグルト

1

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が腸内環境を整えて、免疫力をアップさせます。

免疫力が上がると免疫機能のバランスがとれて、花粉症に効果的と言われていますね。

メディアなどでも取り上げられる事が多く、「花粉症にヨーグルト」の話題はよく耳にしますよね。

レンコン

2

レンコンには活性酸素の発生を抑えて免疫力を高めてくれる「ビタミンC」や「ポリフェノール」が豊富に含まれています。

また、食物繊維も含んでいるので腸内環境を整えてアレルギー症状をやわらげてくれます。

ブロッコリースプラウト

3

ブロッコリースプラウトは、花粉症予防にとても効果があると話題!

花粉症の引き金と言われている血管の中の抗体を抑えてくれる成分「スルフォラファン」が豊富に含まれています。

その成分量はブロッコリーの20倍!

使い方も簡単なので、ちょっとしたサラダなどに入れてもいいですね。

バナナ

4

バナナは、活性酸素の害を抑えてくれる抗酸化成分「βーカロテン」「ケルセチン」「ビタミンA」を豊富に含んでいます。

さらに、消化吸収をよくする「アミラーゼ」や腸内環境を整える「食物繊維」「フラクトオリゴ糖」も豊富!

一番手軽に食べれて花粉症に効果アリ!と言われています。

シソ

5

シソに含まれているα-リノレン酸が、炎症物質の生成を抑える働きがあるとされています。

その他にもシソには、炎症を起こすとされている酵素の働きを阻害して抑える働きもあると言われています。

季節的に限定されますが、特に赤シソは効果が高いそうですよ。

玉ねぎ

6

アレルギー悪化成分を抑える「ケルセチン」

腸内環境を整えて免疫力をアップさせる「フラクトオリゴ糖」

調理することによって玉ねぎに含まれているアミノ酸が変化した抗ヒスタミン作用がある成分「チオスルフィネート」

これらの成分が花粉症の予防に役立ちます。

青魚

7

鯖や鯵、さんまなどの青魚に含まれているEPAがアレルギーによる鼻炎などの炎症を抑えてくれます。

青魚も、花粉症の症状を和らげる効果が期待できると人気です。

トマト(加工用)

8

トマトの果皮に含まれる「ナリンゲニンカルコン」に抗炎症作用・抗アレルギー作用があると言われています。

しかし、生食用のトマトには「ナリンゲニンカルコン」は含まれていないとのこと。

花粉症予防になるのは、加工されたトマトだけ!と覚えておきましょう。


花粉症の症状を悪化させると言われている食べ物は?

花粉症の予防対策となる食べ物をせっせと食べても、花粉症の症状を悪化させる食べ物がそれに勝ってしまっては予防対策になりません。

こんなものが花粉症の予防対策の邪魔をするんだねという食べ物もチェックしておきましょう。

それでは、花粉症の症状を悪化させてしまう可能性がある食べ物を4個ご紹介します!

ファーストフード・インスタント食品

9

ファーストフードやインスタント食品に使われるトランス脂肪酸の含まれている化学調味料がNG!

体内のバランスを崩して免疫力を低下させます。

免疫力の低下は花粉症を起こしやすくしますので、絶対に控えましょう。

体内環境を整えるためにも、少しずつでも食生活の改善が必要ですね。

アルコール

10

アルコールが体内に入ると、体内で「アセトアルデヒド」を増やします。

アセトアルデヒドは、ヒスタミンを増加させて花粉症を悪化させてしまいますから、花粉症の時期には、アルコールを控えめにしましょう。

ソーセージ・ハム

11

ソーセージやハムなどの加工に使われる「亜硝酸塩」が、花粉症に影響を与えると言われています。

トマト(生)

12

生のトマトには、痒みや刺激を感じるヒスタミン成分が含まれているとされています。

「トマト、ダイスキ!」な人も、花粉症の季節に生で食べるのは避けましょう。


トマトは予防対策になるの?それとも症状を悪化させてしまうの?

花粉症の予防対策になる食べ物としても、症状を悪化させる食べ物としても名前があがっているトマト

トマトと聞けば、美容にも身体にも良いイメージなのに、どうして症状を悪化させる方に名前が入っているのでしょう。


実は、花粉症の症状をやわらげるトマトに含まれる「ナリンゲニンカルコン」という成分は、生食用のトマトには含まれていないんです。

加工用のトマトの皮に多く含まれているということなんですね(^_^;)


でも、加工用トマトを使った料理を毎日摂るのは、なかなか難しいでしょう。

なので「ナリンゲニンカルコン」含有のサプリメントやトマトジュースがよいとされていますね。


そして生のトマト!生のトマトって変な言い方ですが、普通にスーパーなどで売られているトマトのことです。

花粉症の原因になるヒスタミンが含まれているからということで、悪化させる食べ物に名前があがっています。


実はトマトが花粉症を悪化させると言われているのは、果物アレルギー(野菜も含んでいます)が関係しています。

花粉のアレルゲンと果物や野菜のアレルゲンが共通するときに、アレルギー反応を起こしてしまうんだそうです。

トマトは「スギ・ヒノキ」とアレルギ―の関係があるそうですから、花粉症の症状を悪化させる食べ物に名前があがるんですね。


ただアレルギーは個々で異なりますから、加熱したトマトでもアレルギー反応を起こす人もいます。

また、花粉症でない人も果物アレルギーがあると、トマトでアレルギー反応が起こることもあるそうです。


自分がどんなアレルギーを持っているのか、しっかりと把握しておくことが大切です。


◆花粉症予防サプリならこれがおすすめ


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、花粉症予防対策になる食べ物と症状を悪化させる食べ物についてご紹介しました。

両方に名前があがるトマトは注意が必要ですね。


花粉症の予防と言えば薬と思いがちですが、薬以外で少しでも花粉症の症状が緩和できるのなら試してみたいですよね。

ただ、食べ物の予防対策は、事前に自分が持つ食べ物のアレルギーをよく把握することが必要です。


メディアなどでとりあげられる話題は、あっという間に情報が広がります。

でも、そんな時に情報の一部分だけを頭の残すのではなく、すみずみまでちゃんとした情報を頭に入れることが大切だと思います。


最後まで、ありがとうございました。

参考:All About(オールアバウト)

スポンサードリンク