スポンサードリンク

花粉の季節!毎年悩まされる症状の対策ならやっぱりお茶デショ!



そう思っているあなた!・・・さすが“通”ですね!!



花粉のシーズンが近づいてくると、TV番組でも「花粉症予防」「花粉対策」の言葉がよく聞かれるようになります。

その花粉の予防や対策の一つとして、「お茶」があるのはご存知でしょうか?


マスクなどの花粉予防・対策グッズもハジけるように売れる花粉の季節!

おいしい「お茶」を飲んで花粉対策がおすすめです。


今回は、花粉症の予防や対策に取り入れたいおすすめの「お茶」をご紹介します。

個人的な使用感や観点でのご紹介ですが、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


花粉対策におすすめのお茶ランキング

人間、なにも飲まずには生きていけません。

当たり前ですが飲料は、誰しもが1日のうちに何度も口にしますよね?

その飲料を花粉による悩みを改善するために、花粉対策になるお茶に変えるだけ!!

これで花粉の予防や対策が出来るなら、とってもお手軽だと思いませんか?


「なにかをやらなきゃいけない!と思うと億劫になっちゃって長続きしないんだよね・・・」

そんな方にも、いつものお茶を花粉対策のお茶に変えるだけなら、なにも構えずに手軽に実践できますね。


お茶で花粉による症状が改善できるなら、普段の生活に取り入れてみようか!と思っているあなたのために!

今回は、独断と偏見の観点で花粉対策にはコレがおすすめ!といわれているお茶をランキング形式で発表します。


それでは第5位から見ていきましょう

スポンサードリンク


ランキング5位

『ハーブティー』

画像はイメージ


ハーブティーは、花粉対策の飲み物としては定番です。

おすすめポイント

「ハーブは独特な香りなので苦手」という人もいますが、実際のところ意外と花粉対策にハーブを使っている人って多いんですよね。

もちろん、ハーブの種類によっても異なりますし、花粉の種類によっては症状を悪化させてしまうハーブティーもあります。

また、人によっては合わないハーブや持病によくないものもありますので注意が必要です。


それでは、どんなハーブの種類が花粉対策におすすめなのか見てみましょう。

カモミール

カモミールは、抗アレルギー作用があり花粉による症状に効果的とされています。

不眠やストレスなどにも効果が期待できるそうですよ。

ただ、ブタクサアレルギーの花粉症がある方は、悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

ネトル

昔からアレルギーの治療に使われていたと言われているハーブで、鼻づまりや目のかゆみをやわらげてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富だそうですよ。

エルダーフラワー

エルダーフラワーはハーブ独特の香りが少ないので、ハーブが苦手な方にも飲みやすいですよ。

辛い鼻づまりの緩和に期待が持てます。

ペパーミント

みなさんよくご存じのペパーミントは、スーッ!と鼻が通る感じがしますよね。

スギ花粉による鼻づまりの改善に良いとされています。


ランキング4位

『べにふうき茶』

画像はイメージ


べにふうき茶は、紅茶用に開発されたお茶の樹です。

おすすめポイント

くしゃみや鼻水の原因になるヒスタミンを出すIge抗体を抑えてくれる「メチル化カテキン」が、べにふうきに含まれています。

しかし、紅茶を作る「酸化・発酵」の過程でそれが消滅してしまうことがわかりました。


そこで「メチル化カテキン」を消滅させないために、べにふうきは緑茶として加工されるようになりました!

そのおかげで、花粉対策として効果が期待できると言われるようになりました。


ただ、べにふうき茶は

「茶葉を5分以上煮立たせる」

「メチル化カテキンは時間が経つと徐々になくなるので1日に何度か飲むことが必要」

など、飲み方を間違えると効果があまりみられないようです。


5分以上煮立たせるというのは、面倒という方も多いのでは?

そのような方には、微粉末のべにふうき茶も出ています。

こちらなら、無理なく飲めそうですね。


ランキング3位

『なた豆茶』

画像はイメージ


なた豆茶は、免疫改善にとっても効果のあるお茶です。

おすすめポイント

なた豆と聞けば、口臭に良いのでしょ?と歯磨き粉を頭に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

口臭にも良いともされているのですが、なた豆茶は「花粉症」や「蓄膿症」などにもおすすめと注目されています。


なた豆には免疫改善作用がある「コンカナバリンA」が含まれています。

「コンカナバリンA」は、なた豆だけに存在する希少な自然由来の免疫物質だそうですよ。


また、なた豆には抗炎症作用のある「カナバニン」も成分に含まれているんです。

この2つによって花粉によるアレルギー症状の緩和が期待できると言われています。


ただ薬効の強いお茶ですから、飲む量には気をつけましょう。

ランキング2位

『ルイボスティー』

画像はイメージ


ルイボスティーには老化防止だけではなく、免疫力の向上やアレルギー反応の抑制にも効果があります。

おすすめポイント

ルイボスティーと聞くと、美容に良いお茶じゃないの?と思うかたもいますよね?

しかし、ルイボスティーに含まれている「SOD」という成分は多くの効能を持っているんだそうです。


その効能のなかには、老化防止だけでなく免疫力の低下を防止することも含まれています。

また、SODが持つ抗酸化作用で免疫力をアップさせてアレルギー反応を抑える働きもあり、花粉による症状の改善に期待が高いとされています。


しかも、ミネラルも豊富でカフェインを含みません!

これといった副作用もないといわれていて、いつでも気軽に安心して飲めるのが嬉しいですね。


ただ、水分ですから飲みすぎるとお腹が痛くなってしまうかもしれませんから、飲む量には注意してくださいね。。


ランキング1位

『甜茶』

画像はイメージ


花粉対策と言えば『甜茶』!

甜茶は、ヒスタミンの生成を抑えてくれます。

おすすめポイント

花粉による症状の改善に、「甜茶」はおなじみになっていますよね。

甜茶に含まれている「GODポリフェノール」という成分が、くしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンの生成を抑えてくれると言われています。

ノンカフェインで甘めのお茶なので、子どもにも飲みやすいお茶です。


気をつけたいところが、甜茶には「バラ科キイチゴ属」「アカネ科」「ブナ科」「ユキノシタ科」などいくつもの種類があることです。

その中で、花粉対策に良いとされている甜茶は「バラ科キイチゴ属」「テンヨウケンコウシ」のみということです。

甜茶で花粉の対策をと思っている方は「バラ科キイチゴ属」の「テンヨウケンコウシ」を選んでくださいね。


甜茶は即効性はないので花粉のシーズンがはじまる3週間前くらいには飲み始めましょう。

1度にがぶ飲みするのではなく、1日に3度くらいにわけて毎日続けることがいいそうです。


◆花粉対策にはこちらもおすすめ!


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、花粉の予防や対策におすすめのお茶のご紹介をしました。


お茶での花粉対策は、飲み続けることも大切です。

日頃より飲んでいることで、免疫力が上がったり、アレルギー反応を抑えてくれます。


なにかを続けてすることって苦手!という方にも、お茶ならば手軽に毎日続けられそうじゃないですか?

ただ、飲み方を間違うと症状を悪化させてしまったり、お腹を壊してしまったということにもなりかねません。


自分の持病やアレルギーがあっても、飲んで大丈夫なお茶なのか?

飲み始める前に医師などに相談しておくようにしましょうね。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク