天皇陛下が生前退位!次の新しい元号はなに?



・・・これってかなり気になりますよね(^_^;)


2016年の8月、平成の天皇陛下が生前退位の「お気持ち」を表明されましたね。

10月には有識者会議もはじまり、ほぼほぼ生前退位をする事が決定しました。


そうなると気になるもののひとつが「元号」でしょう!

実際、ギリ昭和生まれの自分としては、3時代を生きることがほぼ確定したので、どんな元号になるのかがスゴイ気になります(>_<)


実際に元号がいつ変わるのか?なにになるのか?という情報は、当然まだ発表されていません。

なので今回は、超個人的主観から平成の次にくる新しい元号を予想してみましたので発表したいと思います。


内閣の担当者様、ならびに有識者の皆様!

是非参考にしてくださいね(*^_^*)

スポンサードリンク


元号が変わるタイミングは?いつ変わる?

ところで、平成の天皇陛下が生前退位された場合、平成という元号はすぐに変更されるのでしょうか?

元号について定められている「元号法」では、“元号は皇位の継承があったときに改める”と書かれています。

そのため、天皇陛下が退位された場合は、平成から新たらしい元号に変更される可能性が高いと思われます。


しかし、昭和の場合は天皇陛下が崩御された後で閣議決定されており、この時はすでにいくつかの候補が決められていたと言われています。

今回の生前退位では、崩御されるわけではありません。

また、退位された後の立場などもまだ明確ではありませんので、もしかしたら平成のままということも考えられます。


元号を決定する流れとしては、

1. 大学教授などの有識者が新元号の候補を考案

2. 内閣官房長官が候補を選定

3. 閣議で協議開始

4. 国民の代表という形で衆参両院議長の意見聴取

5. 選定された候補から閣議で決定される

というようになります。

おそらく生前退位までに、次の元号の候補が決められるのではないかと予想されますね。

元号の選定基準は?次の元号を53個大予想!

元号を決めるにはにはどんな基準があるのでしょうか?

当然なんでもOK!ってわけにはいかないので、元号を決めるにはいくつかのルールがあるようです。


元号選定のルールは、

・国民の理想としてふさわしいような、いい意味を持つもの

・漢字2文字

・書きやすい

・読みやすい

・これまでにないもの

・俗用されいるものでないもの

といいた条件をクリアしたものに決められるそうです。

読めない、書けないような使いずらい漢字は使用しないということで、小学生でも読める常用漢字の中から選ばれることが多いようです。

とはいえ非常に範囲の広い漢字の中から2字を組み合わされるため、なかなか予想は難しい・・・。


そこで、個人的な観点から次の元号を予想して53個作ってみました(*^_^*)

こんなのどう?っていう元号を発表したいと思いますので、是非最後までお付き合いください。

スポンサードリンク


白清

不正や悪事のない、清らかな世の中にしたいという願いを込めて。

光昭

次の世代が光り輝くものになって欲しいという意味を込めて。

光平

平和な日本になり、光り輝く毎日を送れるようにという願いを込めて。

恵光

誰もが光り輝き、恵み多い時代となりますようにという願いを込めて。

翔華

誰もが飛躍でき、華やかな日々を過ごせる国になって欲しいという思いを込めて。

千福

たくさんの幸せや福がみんなに訪れる時代をつくろうという意味を込めて。

万富

たくさんの富に恵まれた、豊かな国にしていこうという意味を込めて。

親和

新しい時代の発展と平和の願いを込めて。

光明

光り輝くような明るい時代がやってくることを願って。

相共

共に相手を想い合いながら人生を歩むという意味を込め

安続

安らいだ時間が、ずっと続きますようにという意味を込めて。

共知

共に知り、共に助け合う。

そんな世の中になってほしいという願いを込めて。

日綺

日光の光を浴び、綺麗な自然や人と関われる日々が送れますようにという意味を込めて。

幸多

幸せな時代が訪れますように、そして、「全ての国民に幸多かれ」という願いを込めて。

吉祥

よい兆しやめでたいしるしのことで、吉瑞や幸福と同じ意味になります。

恵楽

恵みがたっぷりと降り注ぐ、皆が明るく楽しい時代にしていこうという意味を込めて。

敬愛

人を敬い、愛する心に満ち溢れた世の中になって欲しいという願いを込めて。

総安

国民みんなが、総じて安らかに安心して暮らせる世の中になって欲しいという意味を込めて。

寿保

縁起のいい「寿」という漢字と、それを保って良い時代にしたいという願いを込めて。

完和

完全なる平和を求めて、誰もが幸せを感じる社会であってほしいとの願いを込めて。

立明

国を明確に見渡し、しっかりとした先進国として成り立たせるというイメージ。

誰でも書ける身近な漢字を使って作られています。

晴光

皆が明るく晴れた日の光を浴びて、輝かしい日々を送れますようにという意味を込めて。

有幸

これから先、ずっと幸せであり続けたい。

幸せであることを感じていきたいという願いを込めて。

慶和

「慶」には、よろこびごとやめでたいことという意味があります。

平和でめでたい時代が訪れるようにという願いを込めて。

明連

明るい時代が連なって続いていくようにという願いを込めて。

和真

地震などの天災やいろいろと事件の多かった平成から、新しく真の平和な時代を作ろうという願いを込めて。

幸円

幸せで楽しいという時代が、円のように終わることなく続くようにという願いを込めて。

壮健

国民も、国自体も、健やかで強く丈夫になればよいという願いを込めて。

澄真

澄んでいて真っ直ぐ前を見て歩める時代と言う意味を込めて。

幸保

「幸」せを「保」てる世の中になってほしいという願いを込めて。

頭文字は「K」で他の元号とのカブリもないです。

豊栄

国が豊かに栄えて、みんなが幸せな社会になって欲しいという願いを込めて。

永幸

永遠に幸せな日々が続きますように、永久に幸あれと願う気持ちから。

共創

国民全員が手を取り合って、国を共に創っていきましょうという意味を込めて。

明安

漢字の通り、明るい国、平和で平等のな世界を目指す。

そんな世の中になって欲しいという願いを込めて。

進創

若者が減っていたり、色々と将来が先行き不安な昨今。

今は試されている時で、新しい考えを持って行動していかなきゃいけないという意味を込めて。

光照

ここ数年、災害が続き、光が消えかけている気がします。

そこで、光が皆を照らしてほしいという意味を込めて。

勇泰

何事にも勇気をもって行動できる世の中になってほしいという意味を込めて。

明安

停滞している経済が明るい方向に向かい、テロや戦争におびえる事無く過ごせる安心な国になってほしいという願いを込めて。

結和

世の中に戦争やいがみ合いがなくなり国と国を結び平和な世の中になることを願って。

和輪

国際問題や世界の様々な問題が”和”らぐ、また、東京オリンピックがあるので、日本の”和”を大事にしようという願い。

そして、輪になって人と人との繋がりを大切にしよう、世界が輪になって助け合って生きて行こうという意味を込めて。

明広

明るく楽しい世界が広がる、これからはそんな時代であってほしいから。

安飛

安心または安全に飛躍できるようにという意味から。

最近いろんな事が安心できない世の中になっているので、安心安全にいろいろなことに取り組めるような日本にしたいという思いを込めて。

光和

日本が光輝く国になります様に。

戦争などのない平和な日本、災害など起こった時、人の和で助け合う日本・・・。

そんな日本になる様に願いを込めて。

万久

万の文字が万物、すべて、まるいなどを連想させ、久が時間的に長い事を意味します。

ずっとこれから先、日本人、日本の国全てが繁栄する願いを込めて。

悠桜

悠は「長くしてつきない」、桜は「日本を象徴する木」という意味から。

桜が永遠に素晴らしく咲き続ける日本であって欲しいという思いを込めて。

友和

これから世界各国と友好関係を築く事が大事になるでしょう。

平成からの繋がりで、平和を未来に繋げる意味も込めて。

泰生

「おおらかでゆったりしている」という意味を持つ、たおやかな印象がある「泰」。

そして、日本がしっかりと生きて進んでいくという希望を込めた「生」を組み合わせています。

安栄

激動の世の中なので、争いがなく平和に穏やかに繁栄していく日本にしたいという意味を込めて。

また、皆が安心して栄えるような世の中を願って。

恒成

平成から成の字を受け継ぎ、「恒」は憲法改正など時代が移り変わりながらも、恒久的な平和を次世代に受け継いでいくという意味で。

悠泰

平和で安らかな時代が悠久に続きますようにという願いを込めて。

過去の年号とアフファベットがかぶらない「Y」なのも重要かも。

世幸

今の世界の情勢は良くなくて、テロなどが多くて海外に行きたくないという人も多いですよね。

そこで、世界全体に幸せな時代がきて欲しいという気持ちをこめて。

安康

意味は、平和で安らかなこと。

書簡で、相手の健康・繁栄などを祝うあいさつの言葉としても用いるので、日本だけでなく世界中が平和でやすらかになって欲しいと願いを込めて。

安久

ネットなどではこれが次の元号という噂も。

バブル崩壊や大地震など、激動の平成から安らぎを久しくという意味を込めて。

また、M・T・S・H のアルファベットが被らない「A」であることもポイントですね。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、超個人的な観点から、平成の次の元号を予想してみました。

これはいいかも♪という元号はありましたか?


平成という時代は、本当に激動の時代でした。

アメリカ同時多発テロやベルリンの壁の崩壊、統一ドイツ誕生や湾岸戦争・・・。

日本でも、東日本大震災や阪神大震災、地下鉄サリン事件など、いろいろな事件や天災も多く発生しました。

この他にも、事件や話題に事欠かさなかった時代で、まだまだなにかが起きそうな予感もします。


今回の生前退位も、平成の世だからこそ起こった論争なのかもしれませんね。

元号が変わっても、何か生活が大きく変わるということはないかもしれませんが、明るく幸せな時代にしてなればと願っています。


あ、プログラマーさんたちは、元号が変わると困るかも・・・(>_<)

なんでもシステムに依存する現代ですから、そこは頑張ってもらうしかないですね!


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク