スポンサードリンク

おたふく風邪は、子供が感染しやすい代表的なウイルス感染症です。

寝てる女の子


特に、4歳前後の子供に最も多くみられます。

耳の下あたりが腫れて、お多福のような顔になることから、おたふく風邪と呼ばれるようになったそうです。


今回は、子供がおたふく風邪に感染する原因や症状、そして治療法についてご紹介します。

ネットで公開されている情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク


子供が感染しやすいおたふく風邪!症状や原因は?

おたふく風邪の流行に季節性はありませんが、しいて言うならば、初冬から春にかけて多くみられます。

幼稚園や保育園、小学校など集団生活を営む場所では、感染者が一人でると、あっという間に感染が拡がりますね。

感染を心配するお母さんもいれば、おたふく風邪は子供のうちに経験しておいた方がいい!というお母さんもおられます。


確かにおたふく風邪は、大人になってから感染すると重症化しやすいので、子供のうちに済ませたいと思ってしまいます。

でも、おたふく風邪は、子供でも大人でも合併症を引き起こす危険性を持っているのです。


たかがおたふく風邪!なんて侮らず、大切なお子様のためにもおたふく風邪の基礎知識を事前に修得しておきましょう。

それでは、子供のおたふく風邪の症状や原因、そして治療法などを見ていきましょう。

スポンサードリンク



子供のおたふく風邪の症状

女の子頭痛


おたふく風邪の主症状は、「腫れ」「痛み」「発熱」です。

基本的には大人も子供もおたふく風邪に感染すると、この3つの症状がでます。

特に特徴的なのが「腫れ」ですね。


それではこれらの症状について、みていきましょう。


【子供の症状】おたふく風邪に感染時の腫脹と痛み

ウイルスに感染すると、耳下腺(耳の付け根あたり)顎下腺(頬の後ろあたり)が腫れ、痛みを生じます。

腫れ方については、人それぞれで、両側の耳下腺が腫れる人もいれば、片側だけの耳下腺が腫れる人もいます。

また、片側の耳下腺が腫れ始めた翌日に、もう片側の耳下腺が腫れてくることもあります。

中には、顎下腺や舌下腺だけが腫れる人もいます。


腫れは、腫れ始めてから3日目くらいまでがピークで、それ以降は、徐々にひいてきます。

たいていの場合、1~2週間程度で治まります。

ただ、耳下腺以外の部分(顎下腺など)だけが腫れた場合は、耳下腺の腫れに比べて痛みは弱いですが、腫れは長引きます。


【子供の症状】おたふく風邪に感染時の発熱

熱が出ないこともありますが、感染した子供の約80%は発熱します。

熱は38℃前後くらいで、3日程度続きます。

熱がでない場合でも、その他の症状が出る場合があります。


幼児の場合は、ウイルスに感染しても明確な症状が現れにくいようです。

何となく顔がぼってりしている、食べにくそうにしているなどと感じたら、おたふく風邪を疑ってみましょう。


【子供の症状】症状が現れない(不顕性感染)場合

おたふく風邪に感染しても、全く症状が現れない(不顕性感染)ことがあります。

おたふく風邪は他の感染症に比べて不顕性感染の確率が高く、約30%の人が発症しないといわれています。

しかし、症状が現れなくてもウイルスを持っていることには変わらず、人に感染してしまうことがあります。

そのため、予防接種を受けることが推奨されています。


【子供の症状】合併症が疑われる症状とは

おたふく風邪は、発症してから3日くらい経つと、症状が治まり始めます。

ところが、3日以上経っても、症状が改善されなかったり、激しい頭痛や嘔吐などがみられる場合は、合併症が疑われます。


おたふく風邪の合併症には、髄膜炎難聴精巣炎卵巣炎などが挙げられますが、子供に最も多い合併症は髄膜炎です。

子供の状態をよく観察し、合併症を疑ったときには、すぐに医療機関で受診しましょう。


子供がおたふく風邪に感染する原因は?

子供女の子


おたふく風邪は、ムンプスウイルスに感染することで発症します。

ムンプスウイルスの感染経路は、「飛沫感染や接触感染」です。


ウイルスの混じった唾の飛沫を吸い込でしまうと感染します。(飛沫感染)

また、感染者やウイルスが付着している物を触った手で無意識に口や鼻を触ってしまうと、そこから感染してしまいます。(接触感染)


【子供の感染経路】幼稚園や保育園、学校で流行しやすい

おたふく風邪は、幼稚園や保育園、学校など、集団生活を営んでいる場所で拡がりやすく、次々と感染を拡大していきます。

保育園児や幼稚園児は、まだまだ衛生管理のできる年齢ではありません。

手洗いやうがいが不十分だったり、咳やくしゃみをするときの気配りも難しそうです。


また、感染している子供と引っついて遊んだり、ウイルスの付いたおもちゃを気にせず使ってしまいますね。

すると、おたふく風邪は容易に感染してしまうのです。


【子供の感染経路】家族感染は感染する確率が高い

家族の中の一人がおたふく風邪に感染すると、家族内で次々と感染してしまいます。

家族内で感染する確率は90%以上と高く、親がおたふく風邪の抗体を持っていない場合は、大人であっても感染します。


子供のおたふく風邪の感染が拡大する原因は不顕性感染?

不顕性感染の人によって、おたふく風邪のウイルスが拡散されることがしばしばあります。

前述どおり、おたふく風邪に感染しても、不顕性感染の人が結構多いです。

ところが、症状が現れないからといって、感染もしないというわけではありません。

発症している人と感染力は同じなのです。


しかし、症状が現れなければ、感染を認識することができません。

いつも通りの生活を送ってしまうのは当然ですね。

そうなると、おたふく風邪はみごとに次々と人に感染してしまい、拡大することになります。


おたふく風邪の治療法は、安静と対症療法で!

男の子寝てる


おたふく風邪に感染しても、おたふく風邪のウイルスに効果のあるお薬はありません。

症状が治まるまで、安静が必須です。


病院で受診すると、対症療法(症状に対する治療)がおこなわれます。

熱が高いときには解熱剤、腫れや痛みを緩和したいときには消炎鎮痛剤などのお薬が投与されます。


おたふく風邪に特効薬はありません。

まずは他の感染症同様に予防を心がけ、健康的な生活をおくりましょう。

スポンサードリンク


さいごに・・・

いかがでしたか?

今回は、子供がおたふく風邪に感染する原因と症状、そして治療についてご紹介しました。


おたふく風邪は、前駆症状(発熱や倦怠感など)が現れることが少ないようです。

耳下腺の腫れが現れ始めて、ようやくおたふく風邪だと気が付くことが大半ですね。


発症と同時に、腫れや痛みで子供は不機嫌になり、お世話する方は大変ですが頑張りましょう!

重症化を防ぐためにも、軽快するまでは安静を心がけ、優しく見守ってあげてください。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク