子供がおたふく風邪に感染!



保育園や幼稚園はいつからいけるの!?って、小さな子供の世話に追われるパパさんママさんなら、気になりますよね?


ただでさえ大変な子供のお世話。

子供が風邪を引いただけでも、その負担は何倍にも膨らみます。

それこそ感染に注意しなければならないおたふく風邪のような病気になったら一大事ですよね。


今回は、そんなパパさんママさんのために!

おたふく風邪の感染経路や潜伏期間、そして、いつから保育園や幼稚園に行っていいのかを調べました。

ネットで公開されている情報をまとめましたので、是非最後までお付き合いください。

スポンサードリンク


おたふく風邪は甘く見るな!髄膜炎などの合併症に注意!

おたふく風邪は、麻疹や水疱瘡と同じように、子供がかかりやすいウイルス感染症です。

中でも5歳前後の子供に多発しています。

保育園や幼稚園で、誰か一人がおたふく風邪に感染すると、あっという間に感染が拡がってしまいますね。


誰でもかかる病気だから心配ないわ!なんて思っているお母さんがいらっしゃるかもしれません。

でも、おたふく風邪は、髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあるので、決して侮ってはいけない疾病なんです。


もし、おたふく風邪に感染してしまったら、治すことはもちろんのことですが、他の人へうつさないことが重要です。

まずは、おたふく風邪の感染期間を熟知してから、行動をおこすように心がけましょう。

スポンサードリンク


子供のおたふく風邪の感染経路は?

おたふく風邪はどうやって感染してくるのでしょう。

基本的におたふく風邪の感染経路は、「飛沫感染と接触感染」と言われています。

【おたふく風邪の感染経路】飛沫感染

おたふく風邪感染者の咳やくしゃみによって飛び散った唾液の飛沫を吸い込むと感染します。

咳やくしゃみは想像よりも広い範囲に飛び散るため、距離が離れていても安心できません。

【おたふく風邪の感染経路】接触感染

おたふく風邪に感染している人の皮膚や粘膜に直接触れると感染します。

また、感染者が触れたおもちゃやドアノブなどを触った手で口や鼻をいじってしまうと、粘膜から感染します。

保育園児や幼稚園児は、お友達とまつわりついて遊ぶことが多いので、容易に感染してしまいます。

子供のおたふく風邪の潜伏期間は?

おたふく風邪の原因菌は、ムンプスウイルスです。

ムンプスウイルスが体内に侵入してから、どれくらいで発症するのでしょう?


ムンプスウイルスはインフルエンザウイルスなどと違って、潜伏期間が長いのが特徴です。

おたふく風邪の場合、ムンプスウイルス感染後の14日から24日くらいの間、体内で潜伏するといわれています。

おたふく風邪の感染期間は?

ムンプスウイルスが体内に侵入して2~3週間経つと、耳下腺の腫れや痛み、発熱など、おたふくかぜ特有の症状が現れます。

おたふく風邪の場合、前駆症状がほとんどないため、発症して初めておたふく風邪に感染したことに気づくことが多いですね。


ところが、ムンプスウイルスは、潜伏期間から他人に感染する力を持っているのです。

つまり、自分自身が感染を認識しないうちから、他の人にうつしている可能性があるわけです。

【おたふく風邪の感染期間】顕性感染の場合

おたふく風邪の症状が現れる数日前から腫れがひいてしまうまで、人に感染する恐れがあります。

ウイルスの感染力は、発症する前から徐々に強まります。

また、発症する前後が最も強く、腫れが引き始めると同時に感染力も衰えていきます。

【おたふく風邪の感染期間】不顕性感染の場合

おたふく風邪に感染しても、症状が現れないことがあります。

この状態を不顕性感染といいます。

おたふく風邪の場合、感染者の2~3割は不顕性感染だといわれています。


腫れも痛みもないのは有難い!と思われるかもしれませんが、人への感染力は症状が発症する人と同じです。

つまり、不顕性感染の人は、無意識のうちに他の人へ感染を拡大してしまうというわけです。

これが、おたふく風邪が爆発的に感染を拡大する原因になっているのです。

子供が保育園や幼稚園に登園できるのはいつから?



子供のおたふく風邪は、法で認められた感染性疾病です。

学校保健安全法で、出席停止期間の基準が定められています。


子供のおたふく風邪の場合は、

「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後5日を経過し、かつ全身状態が良好となるまで」

と決められています。

そのため、最低でも5日間は保育園や幼稚園に登園は出来ません。

耳下腺の腫脹が消失してしまうまでは、ゆっくりと自宅で休養しましょう。


パパさんやママさんは大変でしょうが、おたふく風邪は合併症のリスクもありますので、症状が治まるまでは注意して様子を見ましょう。


◆関連記事も読んでくださいね(*^_^*)
子供のおたふく風邪に前兆や初期症状は?痛みや熱の対処法
おたふく風邪には前兆や初期症状ってあるの?もしかしたら子供がおたふく風邪に・・・と心配なパパやママは気になりますよね?おたふく風邪は子どもが感染する代表的な病気...

子供のおたふく風邪の症状は?腫れや痛み、高熱の原因は?
おたふく風邪は、子供が感染しやすい代表的なウイルス感染症です。特に、4歳前後の子供に最も多くみられます。耳の下あたりが腫れて、お多福のような顔になることから、...

難聴や髄膜炎に注意!子供のおたふく風邪の合併症とワクチンの効果
おたふく風邪は子供が感染しやすい、一般的によく知られた病気のひとつです。ほとんどの子供が感染し免疫をつくるため、たいした病気ではないと思っている人も多いので...

おたふく風邪の熱や頭痛の症状は無菌性髄膜炎かも?治療や後遺症は?
おたふく風邪で最も注意が必要な合併症。それは、無菌性髄膜炎と言われています。無菌性髄膜炎は、おたふく風邪から引き起こる合併症の中で最も多くみられます。そして...

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、子供のおたふく風邪の感染期間や潜伏期間、そして保育園や幼稚園に登園できる時期についてご紹介しました。


今は共働きのご家庭も多く、「5日間も仕事が休めないわ…」と困ってしまうおうちの方もいらっしゃると思います。

それでも、子供さんのお世話が最優先!

パパさん、ママさんで協力して乗り切ってくださいね。


また、重症化しないように注意することも大切です。

子供の状態や症状をよく観察しながら、腫れが引くのを待ちましょう。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク