りんご病はこどもの病気って思ってませんか?実は、妊婦さんは特に注意が必要な感染症なんです!



りんご病はその名の通り、感染すると紅斑ができて、頬が赤くなるだけの軽症の病気です。

子供が感染する病気・・・と思われがちですが、実際には大人も感染する可能性があります。


しかも、大人が感染すると子供と比べものにならないほど、症状が重く現れることが多いようです。

大人の場合、早ければ1週間程度で回復しますが、長い場合は3~4週間かかることもあります。


大人の中でも特にりんご病の感染を防ぎたいのが『妊婦さん』です。

りんご病は、妊婦さんが感染すると、胎児に大きな影響を及ぼしてしまう危険性がある『妊娠中に気をつけたい感染症』の一つです。

今回は、妊婦さんがリンゴ病に感染したときの胎児への影響について詳しくご紹介しましょう。

スポンサードリンク


りんご病はどんな病気?

リンゴ病は、春から初夏にかけて多くみられるウイルス性感染症です。

ヒトパルボウイルスB19型というウイルスが原因です。

このウイルスの感染力はそれほど強いものではありませんが、飛沫感染や接触感染の経路を辿って人に感染します。


それでは、子供と大人それぞれのりんご病の症状を見てみましょう。

【リンゴ病の症状】子供が感染した場合の症状

子供がウイルスに感染すると、両頬に紅斑ができて赤くなり、続いて手や足に紅斑が拡がります。

熱は出ても37℃程度の微熱です。

症状としては、紅斑だけで済むことが多く、紅斑の手当て程度で通常の生活が送れます。

子供の場合、重症化することはめったにないため、ほとんどの場合は1週間以内に完治してしまいます。

【リンゴ病の症状】大人が感染した場合の症状

大人は子供に比べて、症状が重症化する傾向にあります。

子供と違って、両頬はほてる程度で、赤くなることはあまりありません。

頬がほてり始めてから1~2日経つと、手や足、指、腰、膝などに強い痛みやむくみが生じます。


大人の場合、関節痛が顕著に現れる人が多いようです。

むくみや痛みが強いと、指が曲げにくくなったり、歩行が困難になってしまうことがあります。


また、強い全身倦怠感に襲われる人も少なくありません。

その他の症状としては、38℃以上の高熱が2~3日続いたり、嘔吐やめまい、頭痛などの症状が現れることがあります。


発症から1週間ほど経てば、強い症状は治まってきます。

このまま回復に向かう人もいますが、消失しかけていた紅斑や痛みが再発することがあります。

再発を繰り返す場合は、すっきりと回復するまでに4~6週間くらいかかります。

スポンサードリンク


りんご病の胎児感染は?

リンゴ病の原因であるヒトパルボウイルスB19型は、胎盤を容易に通過することができます。

そのため、妊婦さんが感染すると胎児にも感染してしまいます。


もう少し詳しく説明すると、このウイルスは胎児の赤芽球という細胞に感染を起こすのです。

赤芽球というのは、赤血球になる前段階の細胞です。

赤芽球がウイルスによって破壊されると、赤血球の産生が停止してしまい、赤血球が減少してしまいます。

赤血球が減少すると、胎児は貧血になってしまいます。


重度の貧血になると、胎児水腫(全身がむくむこと)を起こします。

胎児水腫を起こすと、多くの場合出産は難しくなります。


このことから、りんご病は「妊娠中に気をつけたい感染症」と言われているのです。

妊娠前半期のりんご病感染は危険が大きい!流産や先天異常は?



妊娠前半期は、後半期に比べて胎児の危険率が高いといわれています。

妊娠初期の感染の場合は、流産を引き起こす可能性があります。


胎児水腫を起こすと、その多くは出産は厳しくなります。

妊娠後半期では、胎盤水腫が起こる確率が下がりますが、決して”0″ではありません。

厚生労働省研究班の調査(2011年)によると、リンゴ病に感染した妊婦さんが69人、そのうちの49人が流産などになったそうです。


ただ、妊婦さんがリンゴ病に感染したからといって、すべてが流産に繋がるわけではありません。

感染して生まれてきた赤ちゃんでも、先天異常はなく、出生後の発育にもほとんど影響がみられないそうです。


一般的に、妊婦さんがりんご病に感染してから10週前後に胎児への影響が現れます。

この時期は、しっかりと経過を観察する必要があります。

血液検査で抗体が調べられる!

りんご病は風疹ほど危険性が高くないので、妊娠中の検査には含まれていません。

希望すれば、抗体については、血液検査で調べることができます。


抗体が陰性であっても、予防接種があるわけではないので放置するしかありませんが、予防を心がけることはできますね。

『十分に手を洗う』『マスクを着用する』など、ウイルスを防御して乗り切りましょう。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、妊婦さんにとって注意が必要な感染症であるりんご病をご紹介しました。


お子様がリンゴ病にかかってしまうと、感染しないかとドキドキですね。

感染を完璧に防ぐこと手立てはありませんが、十分に注意してお世話してください。


リンゴ病の他にも、『妊娠中に気をつけたい感染症』はいくつかあります。

まずは『風疹』。

そしてもう一つ、『水ぼうそう』にも注意が必要ですね。


これらは子供の感染症でよく知られている病気ですが、胎児にとっては怖い疾患です。

妊娠期間中は、何かと神経を使うことが多いですが、お腹の赤ちゃんのために、頑張ってあげましょう。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク