スポンサードリンク

ランドセルって、小学校を卒業したらどうするの?



小学校卒業後のランドセルの行方。

6年間一緒に過ごしてきたランドセルは、なかなか手放すことができませんね。


しかし、ランドセルの卒業後の行方は、一度は押し入れに保管され、時間が経つと結局処分されることが多いようです。

でも、捨ててしまうのなら、もっといい処分方法があるはずです。


それでは、使い終わったランドセルの処分方法には、どのような方法があるのでしょうか?

今回は、卒業後のランドセルを有効に役立たせる処分方法をご紹介します。

是非最後までお付き合いください。

スポンサードリンク


卒業後のランドセルの処分方法

使われることがなくなった卒業後のランドセル。

処分するべきか?それとも再利用するか?

これは、親が考えなければなりませんね。


実際のランドセルの卒業後の行方を見てみますと、

・処分する

・ランドセルをリメイクして財布などに生まれ変わらせる

・ランドセルを必要としている国の子供達に寄付する

・ランドセルを必要としている知り合いに譲る

・リサイクルショップに出す

など、上記の方法が多いようです。


人の役に立てるか、財布やバッグなどにリメイクするか、それとも処分するか?

そのご家庭にとって、最善の方法を取れるといいですね。


卒業後のランドセルを役立てる方法を多くの人が知っていれば、ランドセルも無駄にならないでしょう。

それでは、ランドセルの処分、再利用の方法を見てみましょう。

スポンサードリンク


ランドセルを廃棄する

それでは、まずはランドセルの処分、廃棄方法を見てみましょう。

ゴミの分別方法については、お住まいの市町村ごとに異なります。

参考ですが、多くの自治体ではランドセルは「燃やせるゴミ」に分類されているようです。

ただし、一部の自治体では不燃ごみ、もしくは粗大ゴミに指定されていますので、ご不明の場合は市町村役場のHPか、市町村役場の担当部署でご確認ください。


ランドセルをオークションに出品する

あまり傷がついていないランドセルや人気ブランドのランドセルなどは、オークションに出品して処分することができます。

特に人気のブランドのランドセルには買い手がつきやすく、中には高額で取引されているものもあります。

少し傷が多いランドセルであっても、金額を低く設定すると、入札を見込めます。

時期的には早めの12月~1月位の間に出品すると、反応がよいようですよ。


オークションには、最大手のヤフオク!や、最近話題のメルカリなど多くのサービスがあります。

自分が使いやすいサービス、もしくは複数のサービスに出品してはいかがでしょうか?


ランドセルをリサイクルショップに売る

基本的にはオークション同様、あまり傷がついていないランドセルや人気ブランドのランドセルであれば、お近くのリサイクルショップでも処分が可能です。

ただし、傷が多い場合や人気の無いブランドの場合は、引き取ってもらえない場合もありますのでご注意ください。


リサイクルショップとしては、トレジャーファクトリーリサイクルマートなど、大手の方が買い取ってくれる可能性が高いかもしれません。

ただし、買い取り価格はかなり低くなりますので(数百円程度がほとんど)、そのあたりはあまり期待しないようにしましょう。


ランドセルをリメイクする

ランドセルを捨てずに利用したい!という方におすすめなのが「リメイク」です。

ランドセルを小さなミニランドセルを作って記念品にする他に、財布やスマートフォンケースなどにリメイクするのも人気があります。

思い出が詰まったランドセルをリメイクして再利用できるのは嬉しいですね。


ランドセルをリメイクしてくれるお店もいくつかありますので、ご紹介します。

Leather studio Third

出典: http://leatherstudio.jp/remake


6年間一緒に思い出を共にしてきたランドセルを、スニークル(スニーカー型携帯ケース)や名刺入れ、キーホルダーや手帳にリメイクしてもらえます。

こんなに素敵にリメイクしてもらえたら嬉しいですね。

出典: http://leatherstudio.jp/remake


出来栄えもすっごくおしゃれです♪


カナーズ・ジャパン

出典: http://canars.jp/memoran/


ランドセルをミニランドセルやキーホルダー、財布などにリメイクしてくれます。

カナーズ・ジャパンでは、ランドセルがそのままアルバムに生まれ変わるリメイクもあります。

出典: http://canars.jp/memoran/


ランドセルの形をそのまま活かしつつ、新たなデザインに生まれ変わります!


スガタキ

出典: http://www.sugataki.com/?pid=99465781


ケース付きでミニランドセルに作り変えてくれます。

ケースには写真も入れられますので、思い出をいつまでも残せます。

出典: http://www.sugataki.com/?pid=99465781


期間限定で往復送料無料などのサービスもやってます♪


リトルアイランド

出典: http://www.littleisland.biz/mini_landcell/products_mini_landcell.htm


ケース付きのミニランドセルの他、余った革でストラップやキーホルダーも作れます。

名入れもできますので、手元に残して使い続けたい人にはピッタリですね。

出典: http://www.littleisland.biz/mini_landcell/products_mini_landcell.htm



ランドセルリメイク工房

出典: http://snaker-h.webnode.jp/


大切に使ってきたランドセルが、革小物に生まれ変わります。

作業はすべて手縫いで製作してくれます。


長谷川皮革工房 横浜ハーバライト

出典: http://www15.plala.or.jp/Hase-Yokohama-HL/remakerandoseru.html


ミニランドセルやベルト型キーホルダーなどにリメイクしてくれます。

2016年1月より、ランドセルリメイクの受付を中止していますが、再開されたときの日が来るのを願ってご紹介します。


ランドセルを寄付する

リメイクして自分が使うより、自分がお世話になったランドセルをそのまま使い続けてほしいと思う方も多くいます。

そんな方にはランドセルの寄付がおすすめ!

ランドセルが人の役に立てたら、嬉しいですね。


ただ、寄付と言ってもどこへ寄付したらいいの?とわからない人の方が多いかもしれません。

そこで、ランドセルの寄付を受け付けている団体を紹介します。


国際協力NGOジョイセフ

出典: https://www.joicfp.or.jp/jpn/donate/support/omoide_ransel/


国際協力NGOジョイセフに「想い出のランドセルギフト」という活動があります。

想い出のランドセルギフトでは、使用されなくなったランドセルをアフガニスタンに寄贈します。

特に、教育の機会に恵まれない女の子の修学に役立てる活動です。

ランドセルの回収は、3月から5月の間の予定になります。


こちらの動画でも紹介しています。



子供たちの笑顔がたまりませんね。


国際社会支援推進会ワールドギフト

出典: https://world–gift.com/


国際社会支援推進会ワールドギフトでは、ランドセルの寄付を募集しています。

寄付されたランドセルは、途上国の子供たちに贈られて子供たちに大切に使われています。


株式会社クラレの活動

出典: http://www.omoide-randoseru.com/topix.html#blog40


株式会社クラレでは「ランドセルは海を越えて」と言う活動を行っています。

この活動は株式会社クラレが中心になって、使われなくなったランドセルをアフガニスタンの子供たちにプレゼントしています。


ブランディア

出典: http://brandear.jp/ct/csr/activity


国際協力NGOジョイセフを通じて海外の国々にランドセルを寄付します。

このとき、ブランディアの宅配買取を利用すると、海外輸送料金を含めた費用(1,800円)が無料になります。

寄付の期間は、2月から4月の間になる場合が多いようので注意してください。


セカンドライフ

出典: http://www.ehaiki.jp/second/randoseru/randoseru.html


セカンドライフでは、引き取ったランドセルを主に国内でリユースしてくれます。

引き取ったランドセル1件に付き、ワクチン1本を募金していますので、募金の代わりにもなりますね。

また、ランドセルの供養も希望できますので、「思い出のランドセルを供養して欲しい」という方は一緒に依頼しましょう。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、卒業後のランドセルの処分方法やリサイクル方法をご紹介しました。


押入れの奥にしまわれるか、処分されることの多かったランドセルも、今では様々な方法で再利用できそうです。

再利用の方法は考え方次第ですので、よく考えて最善の方法を考えて選びましょう。


個人的にはリメイクがおすすめ!

処分してしまおうと思っていたものが、スマートフォンのケースや財布などに生まれ変わる。

リメイクされた品物をホームページでみると、あまりの素敵さに驚きます。


子供と相談して、ランドセルの行方を決めるのがいいかもしれませんね。

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク