スポンサードリンク

一人暮らしの洗濯機ってどれくらいの容量を選べばいいの?



これから一人暮らしを始める方なら悩みますよね?


一人暮らしを始めるにあたって必須家電の洗濯機!

初めてのことでどれくらいの容量で、どんなタイプの洗濯機がいいのか・・・まるで見当がつかない!

そんな方も多いのではないでしょうか?


洗濯機ってそうそう買い換えるものじゃないし、「安物買いの銭失い」にならないように慎重に選びたいもの。

一人暮らしにはこの洗濯機がおすすめ!って知りたいですよね(^_^;)


そこで今回は、一人暮らしにおすすめの洗濯機についてご紹介したいともいます!

スポンサードリンク


目次

一人暮らしの洗濯機の選び方は?

さぁ、これから楽しい一人暮らし!

でもその前にやっぱり家電はそろえておかなきゃね♪

そんな必須の家電のひとつである洗濯機ですが、選ぶポイントが分かってないと買ってから後悔することも。


なにも準備なく電気屋さんに行って、

「あの~・・・一人暮らしするんですけど、どの洗濯機がいいっすかね?」

なんて言おうものなら、カモがネギしょってきたも同然!販売員さんにロックオンされちゃいますよ?


まず、洗濯機の購入前に必要なのは、「寸法」「容量」です。

洗濯機の寸法を測るには?

まずおさえておきたいのが、洗濯機の寸法です。

この時、ただ洗濯機が置ける大きさを測ればいいわけではありませんよ?

寸法を測る場合にいくつかの観点がありますので、それぞれを見ていきましょう。

【観点その1】搬入スペースと搬入経路

洗濯機を設置する場合、いきなり置く場所に瞬間移動してくるわけではないですよね?

当然入口のドアから入って、廊下を通ってきます。

そのため、玄関のドア・廊下・設置スペースの入口の寸法を測っておく必要があります。


特に設置スペースの入口の寸法は重要です。

扉は内開きか外開きか、搬入の際に曲がれるかなど、きちんと図っておきましょう。

目安としては、最低でも洗濯機のサイズより6cmは広くないと搬入が難しくなる場合があります。


また、設置場所の防水パンのサイズも確認してください。

測るのは、まずは防水パンの内寸のサイズです。

ここに洗濯機の足が入らなければなりませんので、ギリギリではなく余裕を持たせてください。


さらに、排水口の位置も重要です。

左右どちらについているのか、位置は真下になるのかなど、しっかりとみておきましょう。

排水口が真下の場合、真下排水という器具が必要になる場合もあります。


もう一つが蛇口の位置です。

この蛇口の位置が洗濯機よりも高い位置にあるか、そして、洗濯機のふたを開けるときに邪魔にならないかなどをチェックしましょう。

特にドラム式の場合は背が高くなりますので注意しましょう。


【観点その2】洗濯機の容量

そもそも何キロくらいの容量の洗濯機が一人暮らしに適切なのでしょうか?

一人暮らしでは毎日洗濯をするという方は少なく、女性では週に2回ほど、男性では週に1度まとめて洗濯をするという方が多いようです。

一般的には、週2回ほど洗濯をする方は容量が5kgの洗濯機週に1度のまとめ洗いをする方には容量が6kg~7kgの洗濯機がちょうどいい容量だと言われています。


考え方の目安としては、

1日分の洗濯量(約1.5kg) × 日数 = 洗濯の容量

になります。


つまり、2~3日で1回洗濯するなら容量は5kg、4日以上貯めて選択するなら容量は6kg~7kgになります。

もちろん、洗濯物の量が少ない人なら、週に一度のまとめ洗いの方も5kgの洗濯機で済むかもしれませんよね。


縦型・ドラム式・乾燥機能・・・それぞれのメリットとデメリットは?

今の洗濯機は機能もカタチも様々です。


一般的な洗濯機はたて型が多いですよね?

それとは別にドラム式の洗濯機も増えてきました。

機能としては、乾燥機能がついているものなどがあります。


それぞれにメリットとデメリットがあるので、どれを選ぶかは機能や値段と相談になると思います。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。

【洗濯機のタイプ】縦型洗濯機の特徴



洗濯機の底についているパルセーターという羽根が回転することで衣類をかき回します。

基本的には衣類同士をこすり合わせることで汚れを落とします。

縦型洗濯機のメリット
縦型の洗濯機の場合、こすり洗いになるので汚れを落とす力が強くなります。

また、パルセーターによる回転力により、短時間での洗濯が可能になります。

縦型洗濯機のデメリット
縦型の洗濯機はこすり洗いになるため、衣類同士の痛みやからまりが多くなります。

また、洗濯量によっては大量の水が必要になり、節水効果は低くなります。

乾燥機能付きの場合、乾燥時間が長くなり、衣類の縮みや痛みが多くなります。

【洗濯機のタイプ】ドラム式洗濯機の特徴



ドラム式には、完全な横型とななめドラムの2種類があります。

横型では、ドラムの回転により衣類を上に持ち上げ、そこから下に落とすという「叩き洗い」をします。

ななめドラムの場合は、「たたき洗い」「もみ洗い」の両方を行うため、横型と縦型のいいところを持っています。

ドラム式洗濯機のメリット
洗濯に必要な水量が少なくて済むため、節水効果が高くなります。

また、たたき洗いにより、衣類のからまりや痛みが少なくなることが一番のメリットかもしれません。

そして、乾燥の場合も必要な時間が短く、衣類の縮や痛みが抑えられます。

ドラム式洗濯機のデメリット
ドラム式の場合、縦型と比較すると汚れ落ちが弱くなるため、洗濯時間が長くなります。

また、水量が少ないため、色物などの洗濯で色移りしやすくなることがあります。

また、縦型に比べると、価格が数倍に高くなるのもデメリットと言えます。

【乾燥機能】風乾燥(風脱水)

風乾燥は、完全に衣類を乾かす機能ではありません。

ヒーターを使わず、脱水の回転力と通気口からの空気の力で水分を飛ばします。

あくまでも衣類を干す時間を短縮させる程度のものだと思ってください。


また、縦型の脱水は衣類の痛みが多くなります。

多用するのは個人的にはおすすめしません。

【乾燥機能】ヒーター乾燥

出典: http://panasonic.jp/


ヒーターを使って温風を出して乾燥させる方法です。

約100℃以上の高温の風を送り、一気に乾燥させます。

ヒーター乾燥は電気代もかかり、衣類の痛みは多くなりますが、乾燥時間は非常に短くなります。

【乾燥機能】ヒートポンプ乾燥

出典: http://panasonic.jp/


最近はどのメーカーもこのヒートポンプをおすすめする傾向があります。

エアコンにも採用されている方法で、空気中の熱を利用し、低温の風で衣類を乾燥させます。

乾燥の時間はかかりますが省エネで、衣類の痛みも少なくなります。


どれも特徴としては一長一短ありますので、洗濯機を選ぶ際に参考にしてみてください。

スポンサードリンク


一人暮らしにおすすめの洗濯機ランキング

洗濯機の容量は5kg~7kgの間で決まり!

寸法も測ったし、形はたて型かドラム式のどちらかに決定!

ここまでが決まれば、あとは好みの洗濯機を選ぶだけですね♪


ただ、個人的にあと1つ選ぶ時に注意してもらえたらと思うことがあります。

それは洗濯機の「運転音」です。


洗濯機では、45dB以下の静かな運転音と言われていますね。

容量が小さいとなかなか難しいかもしれませんが、上下左右にお隣さんがある場合は洗濯機の運転音にも気を使えたらいいですね。


ちなみに50dBで木々のざわめき40dB~45dBで図書館内やしとしと降る雨というデータがあります。

でも、どうでしょうか?

我が家の洗濯機って木々のざわめきなの?と思っちゃいましたが( ;∀;)

やはり、気になるとととかはちっと大きく聞こえるのかもしれませんね。


それでは今回は、一人暮らしならコレ!とおすすめの洗濯機をピックアップ!

独断と偏見の観点で選んだ一人暮らしにおすすめの洗濯機をどうぞご覧ください!


HITACHI『全自動洗濯機 NW-50A』

出典(商品紹介): http://kadenfan.hitachi.co.jp/


コンパクトで、干し時間短縮機能搭載の一人暮らし向き洗濯機です。

特長

『全自動洗濯機 NW-50A』は、高速回転で空気を取り込み衣類の水分を飛ばしてくれる「風脱水」機能が搭載!

洗濯ものを干している時間を短縮できます。

夜洗濯したけど、明日の朝には着たい!と言うときに嬉しい機能ですね。


また、大型のケース状糸くずフィルターが搭載されているので、たまったゴミの処理がふたを開けるだけで簡単にできます。

お手入れが簡単と言うのも、一人暮らしには重要なポイントですよね(^_^)

おすすめポイント

日立『全自動洗濯機 NW-50A』は、幅と奥行きが他の5kgサイズと比べてとってもコンパクト!

ちょっと古いマンションやアパートだと、防水パンが小さいこともあります。

そんな、とにかくコンパクトな洗濯機を用意したいという方におすすめの洗濯機です。

スペック

【容量】
5kg
【サイズ】
幅539×奥行508×高さ965mm
約26kg
【運転音】
洗い:約34dB
脱水:約54dB
【目安洗濯時間】
約52分

参考価格

40,850~43,800円


TOSHIBA『全自動洗濯機 AW-5G5』

出典(商品紹介): http://www.toshiba.co.jp/


洗剤を繊維の奥まで浸透させて、パワフルに洗い上げます。

特長

高濃度の洗剤液を繊維の奥まで浸透させてから水を追加し、パワフルな水流で衣類をまっ白に洗い上げます。

また、衣類のからみ具合をチェックしてほぐし、時間をコントロールしてくれる「からみまセンサー」が人気のポイント!

衣類がからまって取り出すときに団子のようになっていた~!なんてこともなくラクに衣類を取り出せます♪。


さらに、「温度センサー」で洗濯時間をコントロールしてくれますから、寒い季節の洗濯もしっかり洗えるのも嬉しいですね。

おすすめポイント

一人暮らしの特に女性のかたは、人目にさらされる外干しには不安がつきもの。


『AW-5G5』は、そのような悩みを解決してくれる「部屋干しモード」があるんです。

長い脱水時間と風の力で水分を飛ばしてくれるので、半渇きのニオイや湿気も抑えてくれます。

洗濯ものを部屋干しすることが多い方におすすめです。

スペック

【容量】
5kg
【サイズ】
幅563×奥行580×高さ957mm
約28kg
【運転音】
洗い:約38dB
脱水:約43dB
【目安洗濯時間】
約43分

参考価格

33,500~38,800円


SHARP『ES-GE5A』

出典(商品紹介): http://www.sharp.co.jp/


一人暮らしの部屋に嬉しいコンパクトなボディです。

特長

SHARP『ES-GE5A』は、一人暮らしの忙しい方に嬉しい「時短コース」があるんです。

「時短コース」では、標準コースよりも50Hzでは約4分、60Hzでは約5分洗濯時間が時短できます。


忙しいあなたに嬉しい機能がもう一つ!

運転終了までの時間を1時間刻みで24時間後まで選べる予約機能が搭載されています。

どちらの設定も、ボタン一押しでできるというから嬉しいですね。

肝心の洗浄力も「高濃度洗浄」で頑固な汚れもパワフルに分解します。

おすすめポイント

シャープ『ES-GE5A』のおすすめポイントは、ボタン一つで「予約」「時短コース」などの設定が簡単にできることです。

難しい設定方法ではなく、ピッとボタン一押しで設定ができるのは簡単でいいですよね。

特に「超機械音痴なの・・・」という方には、ボタン一押しで簡単設定ができる『ES-GE5A』は嬉しい洗濯機です。

スペック

【容量】
5.5kg
【サイズ】
幅565×奥行540×高さ890mm
約30kg
【運転音】
洗い:約40dB
脱水:約48dB
【目安洗濯時間】
50Hz : 約35分
60Hz : 約34分

参考価格

38,900~48,800円


SHARP『ES-TX5A』

出典(商品紹介): http://www.sharp.co.jp/


コンパクトサイズなのに乾燥機能も搭載された洗濯機です。

特長

『ES-TX5A』には、樹脂まるごと抗菌穴なし槽!

槽に穴がないので黒カビや汚れが槽内に侵入しませんから、清潔な水で洗濯ができます。

また、洗濯槽と外槽の間の無駄な水を節水!

少ない水でしっかりと洗浄します。

洗濯物を取り出しやすくする「ほぐし運転」、綺麗な水で洗濯槽を洗い流す「槽クリーンコース」があるのも『ES-TX5A』の特長です。

おすすめポイント

シャープ『ES-TX5A』のおすすめポイントは、コンパクトサイズに乾燥機機能が搭載されていることです。

コンパクトサイズの洗濯機にここまでの乾燥機能がついていることは、かなりポイントが高いですよね。


お値段は他の洗濯機と比べると少し高めですが、

「洗濯をしようとしていた日に雨が降ってしまった!」

「すぐに使いたいものなのに洗濯するの忘れていた!」

なんて時に乾燥機能がついたシャープ『ES-TX5A』は、ありがたい洗濯機になること間違いなしです♪

スペック

【容量】
洗濯脱水/5.5kg 乾燥/3.5kg
【サイズ】
幅565×奥行590×高さ985mm
約35kg
【運転音】
洗い:約40dB
脱水:約46dB
乾燥:約47dB
【目安洗濯時間】
50Hz : 約38分
60Hz : 約34分

参考価格

56,000~64,500円


Panasonic『NA-F50B10』

出典(商品紹介): http://panasonic.jp/


頑固な汚れをつけおき洗いで手軽にキレイに落とせる洗濯機です。

特長

標準コースの洗濯では落ちそうもない頑固な汚れを、つけおきコースで手軽にキレイに落とします。

つけおきコースは、運転時間が約85分と長い時間がかかってしまうので時間が・・・と思う方もいるかもしれませんね。

でも、こすってもこすっても落ちない汚れを、「つけおき」と「かくはん洗い」を4回繰り返してしっかり洗浄してくれるんです!

洗濯機におまかせで頑固な汚れをキレイに落とせるなら、85分も長くありませんよね♪


また、『NA-F50B10』は「カビクリーンタンク」がお洗濯のたびに槽洗浄してくれるので、いつも清潔を保てます。

その他にも、「槽カビ予防コース」で月に1度のお手入れ、「槽洗浄コース」を使って本格的にお手入れすると槽の清潔度はバッチリですね。

おすすめポイント

『NA-F50B10』のおすすめポイントは、柔軟剤の香りが洗濯後にしっかり残ることです。

香水のようにいい匂いがする柔軟剤を入れたはずなのに、香りが残っていなかった!こんな経験ってしたことはありませんか?

ふわっと香る柔軟剤の香りを楽しみにしていたのに、その香りを感じられないって寂しいでしょ?


『NA-F50B10』は、最終すすぎの途中に柔軟剤を入れるタイミングをブザーがお知らせ。

柔軟剤を入れてから15分間のつけおき・かくはんの時間があるから、柔軟剤の香りがしっかり洗濯後も残ります。

パナソニックの『NA-F50B10』なら、あなたが選んだ柔軟剤の香りをしっかり残してくれますね♪

スペック

【容量】
5kg
【サイズ】
幅562×奥行880×高さ572mm
約28kg
【運転音】
洗い:約39dB
脱水:約49dB
【目安洗濯時間】
約40分

参考価格

39,800円


TOSHIBA『全自動洗濯機 AW-6G5』

出典(商品紹介): http://www.toshiba.co.jp/


東芝のパワフル浸透洗浄は、繊維の奥の汚れまで真っ白にしてくれます。

特長

パワフル浸透洗浄では、まず少量の水で高濃度の洗剤液を作ります。

それが繊維の奥の奥まで浸透することで汚れを浮きだたせてくれます。

その後で強力な水流でしっかり洗うので、エリの頑固な汚れも真っ白にしてくれますよ♪


また、6kgからは風呂水ポンプもついてきますので、お風呂の残り湯を使うことで節水にもなります。

おすすめポイント

白い服の襟元ってきになりますよね?

男性は特に、どうしても黄ばみや皮脂の汚れが目立ってきますが、そんな人にパワフル浸透洗浄はおすすめ!

汚れを浮きだたせて、白さを取り戻してくれます。

スペック

【容量】
6kg
【サイズ】
幅563×奥行580×高さ957mm
約28kg
【運転音】
洗い:約38dB
脱水:約43dB
【目安洗濯時間】
約45分

参考価格

38,800~62,800円


Panasonic『NA-F60B10』

出典(商品紹介): http://panasonic.jp/


最終すすぎの途中で柔軟剤を入れるタイミングを知らせてくれるので、柔軟剤のいい香りを服に残すことが出来ます。

特長

洗濯機の糸くずフィルターって、ちゃんとお手入れしてますか?

糸くずフィルターが汚れていると、せっかく洗った衣類に汚れや雑菌がついてしまうことも。


『NA-F60B10』は、そんな糸くずフィルターのお手入れがラクちん!

水位が低いときもしっかりとゴミを集めてくれる「ビッグフィルター」は、たまった糸くずやゴミを取り出すのがとっても簡単。

さらに抗菌加工されているので安心ですね♪

おすすめポイント

『NA-F60B10』は、洗濯槽をいつでもキレイにしておきたい女性におすすめです。

『NA-F60B10』には3つの槽洗浄機能が搭載!

洗濯のたびに外槽の内側を洗浄して洗剤カスを防ぐ「カビクリーンタンク」

月に1度するだけで黒カビなどを防いでくれる「槽カビ予防コース」

槽の本格的な洗浄に「槽洗浄コース」

と3つのコースが使えます。

これにより、せっかく洗濯したきれいな服に汚れやカビが付着するのを防いでくれるんです。

スペック

【容量】
6kg
【サイズ】
幅562×奥行880×高さ572mm
約28kg
【運転音】
洗い:約37dB
脱水:約46dB
【目安洗濯時間】
約42分

参考価格

39,920~52,700円


Panasonic Cuble 『NA-VG710L/R』

出典: http://panasonic.jp/


ドラム式なのに奥行きがスリムで、マンションにもおけちゃうプチドラムです。

特長

『NA-VG710L/R』は、「温水泡洗浄」「即効泡洗浄」が人気です。

温水泡洗浄は、洗剤液の温度を高めて洗剤の中の酵素を活性化。

黄ばみやニオイの原因菌をきれいに洗い流してくれます。

また、目的によってコースを使い分けられ、

  • 白物の除菌 ・・・ 約60℃おまかせコース

  • 気になるにおい落とし ・・・ 約40℃においスッキリコース

  • 黄ばみをきれいに ・・・ 約40℃つけおきコース

  • 黄ばみの予防 ・・・ 約40℃おまかせコース

  • おしゃれ着あらい ・・・ 約30℃おしゃれ着コース

  • 冬の寒い季節に ・・・ 約15℃洗濯モード

  • と、多彩なコースを搭載しています。


    また、即効泡洗浄では洗剤の力を100%引きだし、繊維の奥まで汚れをキレイにします。

    パパの皮脂汚れや子供の食べこぼしなどもバッチリ落としてくれますよ♪


    他にも、『NA-VG710L/R』は「自動槽洗浄」「カビクリーンタンク」がお洗濯のたびに槽洗浄してくれるので、いつも清潔を保てます。

    それでも黒カビが気になる方には、「約30℃槽洗浄コース」で黒カビを撃退!

    さらに「槽乾燥コース」で黒カビ予防と、清潔な状態をキープできます。

    おすすめポイント

    『NA-VG710L/R』のおすすめポイントは、やっぱりそのサイズ!

    ドラム式なのに、幅と奥行きが約60cmと非常にコンパクトになっています。

    一人暮らしでも、忙しい方なら洗濯から乾燥までやってくれる洗濯機が欲しいですよね?

    『NA-VG710L/R』なら、寝ている間に洗濯から乾燥までできて、朝には着て出かけられますよ♪


    また、乾燥はヒートポンプ式なので、衣類が痛みづらく縮むのを防いでくれます。

    お気に入りの服を長く着ることができます。

    スペック

    【容量】
    7kg
    【サイズ】
    幅600×奥行600×高さ998mm
    約79kg
    【運転音】
    洗い:約32dB
    脱水:約42dB
    乾燥:約46dB
    【目安洗濯時間】
    約30分
    【目安乾燥洗濯時間】
    約200分

    参考価格

    188,800~220,000円

    スポンサードリンク


    終わりに

    いかがでしたか。

    今回は、一人暮らしにおすすめの洗濯機をご紹介をしました。

    これなら、自分のライフスタイルにも合いそう!という洗濯機はありましたか?


    最近では、「洗濯機がなくても大丈夫!コインランドリーがあるから!」という方も多いんだそうです。

    でもですね~・・・コインランドリーって、実は割高なんですよ。

    洗濯機なら1回に何十円で済むところ、コインランドリーを1回使用すると何百円もかかるんですからね~。


    そう思うとやっぱり洗濯機を購入したほうがいいのではと思いますよね?

    それに、個人的には結構コインランドリーってあんまり安全なイメージがないんですよね・・・・。

    映画のみすぎかもしれませんね・・・。


    最後までありがとうございました。

    スポンサードリンク