スポンサードリンク

“メンソンの女王”半崎美子さんのメジャーデビューが決定!


半崎美子さんって誰?って人もいるかもしれませんね。

半崎美子さんは、全国のショッピングモールにおいて、買い物に来たお客様を感動の涙で号泣させると話題のシンガー・ソングライターです。


サザンオールスターズの桑田佳祐さんが2016年12月に自分のラジオ番組で注目曲として紹介。

「日本のアニタ・ベイカー」と絶賛したことで話題の人に。

その後、レコード会社5社による争奪戦に発展してデビューが決まり、2017年4月5日にミニアルバム「うた弁」を発売することになりました。


まだまだ情報の少ない“メンソンの女王”半崎美子さんですが、今回は現在発表されている曲をおすすめ順にご紹介と思います。

今のうちにチェックしておいてくださいね!

スポンサードリンク


メジャーデビュー!半崎美子おすすめ曲ランキング

“メンソンの女王”と呼ばれる半崎美子さん!

ところでメンソンってなにかご存知ですか?


メンソンはメンタルソングの略で、「誰かの思い、心を歌にし、共感を呼ぶ楽曲」のことを指すのだそうです。

半崎さんは2012年頃からショッピングモールを中心に活動。

ファンとの触れ合いを大切にし、交流で見聞きした思いを作曲に活かしてきたそうです。


そんな中、2011年に伊原さん一家と出会いったことがきっかけとなり交流するように。

伊原さん一家に対して背中を押す気持ちをつづった「明日へ向かう人」が多くの観衆の心にも響き、注目を集めだしました。


NHK「みんなのうた」に新曲「お弁当ばこのうた」が抜擢され、2017年はきっとさらに飛躍すること間違いなしの半崎さん。

そんな彼女の曲を多くの人に聞いてほしいと願い、現在発表されているおすすめ曲をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


ランキング小

ただいまの約束



聴く人によって受ける心情が変わる曲ですね。

恋人や夫婦だったり、家族や親子といったいることが当たり前になっている存在がいなくなってしまった喪失感。

そしてその先にある気持ちをつづった切ないバラードです。

相手がどれほど大切な存在だったかを改めて考えさせられる曲です。


ランキング小

道しるべ



2009年の表参道 FABのワンマンライブで初披露した曲です。

聞いていると涙腺が崩壊すると話題に。

自分が歩いてきた道はまっすぐでは無いけど、つけた足跡が誰かにとっての道になりますように…と、心にグッとくる歌詞に感動。

自分を信じれなくなりそうな人に聞いてほしい曲です。


ランキング小



まさに命の歌。

石巻市、大川地区の「大川ふるさと祭り」へ歌いに行く前日に様々な思いを巡らせて作られた曲だそうです。

あなたとわたし、人と人の命、「種」が強くはかなくつながっていく・・・。

そんな命の尊さを感じさせられる曲です。

ちなみにこのMVは、出演から編集まですべて自分でやっているそうです。

素晴らしいですね!


ランキング小

希望の桜



半崎さんが、東日本大震災後に感じた思いをつづった曲です。

この曲は、ニッポン放送「笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」に出演したとき、ラジオ収録中に笑福亭鶴瓶さんがタイトルをつけました。

とても心に響く曲ですね。

番組で生演奏し、オンエアが終了した後の反響によって急遽シングルがリリースされました。


ランキング小

永遠の絆



この曲は、札幌に住む両親への想いをつづって歌にした曲だそうです。

大切なことは何なのか気付かされますね。

ライブでも、感動して泣いた!という人が大勢いるそうです。

2009年に「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」というラジオ番組で、鶴瓶さんが紹介していますね。


ランキング小

明日へ向かう人



なんで今までこんな名曲を聞かなかったんだろうと後悔するぐらい素晴らしい曲です。

この曲を聞いてここをが救われたという人も沢山いると思います。

聞いていると、知らず知らずのうちに涙が・・・。

この曲は、ぜひライブで生で聴いてほしい曲です。

MVは、Mr.Childrenの「花の匂い」などのアニメーションも手がけた半崎信朗さんが担当しています。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、今話題の半崎美子さんのおすすめ楽曲をご紹介しました。

これは聞いてみたい!という曲はありましたか?


個人的には、できればライブで生の歌声を聞いてほしいと思います。

正直、ここまで心を震わされる曲に出会うことは今までありませんでした。


悩みや挫折、自分なんて・・・って思うとき。

自分が今やっていることは正しいのか?この先続いていくのか?

そんな葛藤を抱える方に、ぜひおすすめです。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク