インフルエンザを治療薬を飲まずに治したい!

saya160105070i9a3021_tp_v


11月から3月頃までは、インフルエンザに感染しないかと気がかりになりますよね。

インフルエンザは、流行性感冒とも呼ばれています。

しかし、一般的な「風邪」と同じようなレベルではありません。


症状がひどくならないうちに早く治したいと思うものの、薬を飲むのは抵抗が・・・。

なんて人も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、インフルエンザに感染しても薬を使わずに治すためのポイントをご紹介します。

自然治癒の方法や注意事項について参考にしてくださいね。

スポンサードリンク


インフルエンザの症状や治療

インフルエンザは風邪に比べて、発熱や全身症状などが非常に強く現れます。

また、インフルエンザは合併症を引き起こしやすいという特徴がありますので注意が必要です。


実はつい最近までは、インフルエンザに適応するお薬はなく、医療機関では対症療法がおこなわれてきました。

抗インフルエンザ薬が世に出回ったのは、2000年に入ってからのことです。


「インフルエンザ薬を服用し、異常行動などの重大な副作用が現れた」という報道を耳にされた人も多いかと思います。

まだまだ歴史の浅いお薬は怖いから服用したくない!と思われている人も少なくありません。


だからといって、インフルエンザに感染しても、自然治癒が果たしてできるのかどうかも不安ですね。

そこで今回は、インフルエンザの自然治癒についてポイントをまとめてご紹介したいと思います。

ネットで公開されている情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク


インフルエンザの自然治癒は可能?

インフルエンザの予防接種を受けていない状態でインフルエンザに感染してしまった場合、自然治癒は可能なのでしょうか?

残念ながら、絶対的な回答はありません。


実際、インフルエンザの自然治癒は不可能ではありません。

しかし、薬を使わずに自然治癒に任せることが安全だと言い切ることはできません。

薬を飲まなければならない場合もありますので、医師の診断を受けることをおすすめします。


インフルエンザの自然治癒での3つの注意点

おでこ熱女性

自然治癒には、身体の状態や免疫力が大きく作用します。

ほっとけばいつか治るというものではありません。


それでは、まずは自然治癒のための注意点をご紹介したいと思います。


【インフルエンザの自然治癒】自然治癒には体力が必要!

治療を全く施さず安静にして、自然治癒力のみでインフルエンザに打ち勝つには「体力」が必要です。

お薬を服用しなければ、40℃前後の高熱が1週間程度続きます。

全身症状に加え高熱が続くと、相当な体力が消耗されます。


この時期は体の免疫力によってウイルスを消している状態です。

免疫力を落とさないようにすることが重要になります。


【インフルエンザの自然治癒】重症化や合併症に注意!

乳幼児や高齢者、呼吸器系や循環器系などに持病のある人は、インフルエンザが重症化しやすく、肺炎を起こしたりする危険性があります。

また、子供の場合、インフルエンザ脳症などの合併症を引き起こしてしまうこともあります。

自然治癒のために、ひたすら我慢をしていると、合併症を引き起こしていても見過ごしてしまう危険性が高くなりますので注意が必要です。


症状の悪化や合併症を放置すると、回復が遅くなるだけでなく、時には命を落としてしまうこともあります。

自然治癒でインフルエンザを治しきろうとするのであれば、インフルエンザの知識をもって、症状の経過をしっかりと観察することが必要です。


【インフルエンザの自然治癒】解熱剤に注意

インフルエンザで高熱が続くと、熱だけでも下げようと市販の解熱剤を服用してしまう人がいます。

自己判断で解熱剤を選ぶことは、絶対にNG!です。


バファリンやポンタールなどの解熱剤は、インフルエンザ脳症を誘発する危険性があります。

解熱剤を使用したいときには、医師または薬剤師に相談してから服用しましょう。


インフルエンザの自然治癒におすすめの方法

頭痛女性

インフルエンザを、薬を飲まずに自然治癒するには、リスクもあるということをおわかり頂けたでしょうか?

「それでもお薬に頼りたくない!」と思われる方のために、自宅でできるおすすめの方法をご紹介いたします。


ただし、症状が悪化した場合は、無理をせずにすぐに病院で診察を受けましょう。

何度も言いますが、薬を使わずに自然治癒に任せることが安全だと言い切ることはできません。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】睡眠を取って安静が第一!

前述どおり、自然治癒には「体力」が必須です。

体力が消耗しないように、ひたすら寝ていましょう。

十分に睡眠をとっていないと、体力は一気に低下してしまいます。


自然治癒に必要な免疫物質は、睡眠中に作られます。

睡眠時間は必ず7時間以上取るようにしましょう。

4時間以下だと免疫力が下がってしまい、回復力も落ちてしまいます。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】保温

体温が下がると、免疫力が低下してしまいます。

高熱のために頭を冷やすことはOKですが、からだは極力温めることを心がけましょう。


温かい食事や飲み物で体の内側を温め、そして布団や服装で外側をしっかり温めます。

体温が1℃上昇すれば、免疫力は5~6倍になるといわれていますので、体を冷やさないように注意しましょう。

特に首元を温めると効果的です。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】水分補給

高熱が続くと、脱水症状に陥ることがあります。

何回にも分けて、からだに水分を取り入れましょう。

熱だけでなく、嘔吐や下痢の症状があるときには、経口補水液などで補給することがおすすめです。

1日2リットルは飲むようにしましょう。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】栄養補給

インフルエンザに感染すると、食欲が全くなくなりますね。

そのような場合は、お粥や温かいスープなどがおおすすめです。

温かい食べ物はからだを温めるので、体力回復には効果的です。


インフルエンザウイルスを撃退するには、多くのエネルギーが必要です。

食欲が無く、食べれない場合もあるかと思いますが、お粥やうどん、野菜ジュースなど、できるだけ栄養価の高いものを摂りましょう。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】室内温度の調整

インフルエンザウイルスは、温度・湿度ともに低い場所を好みます。

室内の温度や湿度は高めに設定します。

室内温度は寒いと感じない程度にし、湿度は70%前後に保ちましょう。


【インフルエンザでおすすめの自然治癒方法】高熱時の入浴はNG!

37.5℃以上の熱が出ているときの入浴はNGです。

高熱が出ると、からだは汗ばんで気持ち悪くなりますが、お湯で絞ったタオルなどでからだを拭く程度にしましょう。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザを自然治癒で治すためのポイントをご紹介しました。


人には、自然治癒力というものが備わっていますが、その力だけを頼りにしてしまうとかえって病気を悪化させてしまうことも。

お薬を飲まないと副作用の心配はありませんが、その代りにからだにかかる負担も大きくなります。


少しでも状態が悪くなるようであれば、病院で診察を受けるようにしましょう。

そして、自然治癒に頼るか、お薬を服用するかは、医師と相談して年齢や健康状態をよく考えてから決めましょう。


お薬を服用する、しないのどちらにしても、インフルエンザや抗インフルエンザ薬の知識は必要です。

自分にとってベストな方法を見つけましょう。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク